2015年12月13日

そんな日のこと

12月13日にコンバンワ、若月せつなでございます。

ありが〜とう〜言わな〜いよ〜ずっと〜しまって〜おく〜

え、今月で今年は終わるんですか? そうですか。
というわけで2015年最後の記事。

まずは応援して下さった方々に感謝です。
作者の趣味丸出しで読む人を選ぶ作品ばかりですが、
よくぞ耐えて下さいました。

青瞬館作品は中学生の方からアンケートが来る場合もありまして、
価値観や考え方の異なる世代の視点から見ても
作品を楽しんで頂けたというのは嬉しくも意外です。

第二次大戦中に書かれた人気作『フランス組曲』の作者は、
「1952年の読者も2052年の読者も同じように
引きつけることのできる出来事や争点を盛り込むべき」
という言葉を残したそうですが、大いに共感できます。
なお、この作品は1月上旬に日本でも映画版が公開されるので
さっそく劇場に突入して参ります。

ゲームもアニメもマンガも、面白い作品は
いつ誰が見ても面白いし年代も関係ない。
そういう製作を志したくなりますねぇ。

で、ここまで言っておいて若月氏の次回作は
まったく万人向けではござりませぬ。
エグい描写を書いてて自分で欝ったりしてるので、
果たして何人が完読できるやら・・。
でも、ありきたりとか王道と言われるよりは
尖っている方が好みな困った若月氏なのであります。

およそ6割ほど書き終えており、いよいよ
盛り上がってきたところですね。
例えるなら、空に浮かぶ島が見えたので海賊のバアさんと
飛空挺で嵐の中に突っ込む感じです。

今回はできるだけオリジナル世界を展開したいので、
あまり似てる作品は思いつかないのですが、
イメージだけでも近いゲームを・・。

こちらは今から15年も前のエロゲー。
シナリオの完成度が高く欝ゲー史に残る傑作ですが、
知ってる人いますかねぇ。

こちらは13年前のエロゲー。
さらに知名度は低いですが、歴史マニアの作者が
徹底的に構築した世界観は衝撃で、製作の精神を学びました。
BGMに多数の賛美歌を使うとか今じゃ考えられません。
このOPムービーは今のエロゲでも十分に通用すると思います。

そんなわけで、あと365日後くらいに発表できるでしょう。
わぁい、もうすぐだぞー。
posted by 若月せつな at 07:19| Comment(6) | 日記