2016年07月03日

にゃしいって言わない方の睦月

7月3日にコンバンワ、若月せつなでございます。

近年、ガンダムは2種類のパターンで作られる
ようになったと思うのです。
テレビ放送では若い人に向けて新規の世界観で展開し、
古くからのファンには初代と同じ舞台を引き継いで
OVAで販売するという形態です。
私は完全に初代ファンでして、このたび久しぶりに
気になる新作が出たわけです。

『機動戦士ガンダム・サンダーボルト』という
コミック原作の映像化で、なんと劇場版が公開してる
と知って会社の近くの映画館に駆け込んだのであります。
スクリーンでガンダムを観たのは『F91』以来だけど、
やはり自分がメカを操縦してる気分になれる迫力が凄まじい。
ただし今回は、その迫力のせいで鬱になりました・・。
なにしろ戦争としての描写がリアルすぎる!!
いやもう下手なハリウッドの戦争映画より怖いです。
モビルスーツなんか絶対に乗りたくねぇ〜と痛感しました。
ここまでダークなガンダムは珍しいでしょうね。
でも、これこそ私が求めていたガンダムでございます。
最高なのであります。
tb.jpg
原作は連載中なので続編も劇場公開されるのを期待。
ところで予告で流れた艦これ劇場版は、また睦月が
泣いてたんですが今度は誰が轟沈するんですかねぇ。

では次に、今月の幻創映画館でございます。
まだ製作途中だというのに若月氏の頭の中では
公開当日のコミケ会場が映像化されているのであります。

そこで一つ気付いたのですが、エロゲーといえば
ほぼ必ず特典が付いてきますね。
特典の内容によって購入する店舗を決めるほど
重要な判断基準であり、私も昔は複数買いが
当たり前でしたからねぇ。
というわけで当サークルも何か用意できないものか・・?

本物のパンツが付いてきた作品がありましたねぇ。
抱き枕は一万円を超えるのでゲームより高いし、
ポスターやタペストリーは意外と飾れない人が多いのです。
エロゲー特有の謎特典・テレホンカードという文化は
いつまで続くのでしょうか・・。
それ以外では描き下ろしイラスト集、原画集、同人誌、
カレンダー、音楽CD、ドラマCDなどが多いようです。
omake.jpg
私が主に選んでいたのはイラストの冊子と
サウンドトラックでしたね。
ゲームクリア後も手軽に振り返って楽しめる、
もらって嬉しい特典でございます。
これなら当サークルでも無理なく作れるでしょう。

欲しい特典を思い付いた人は参考に致します。
言うだけなら自由ですので1/7フィギュアとか
ネタもアリでございます。
まあ、すべてはゲーム本編が無事に完成したら
の話ではありますが!

というわけで紹介を続けてきたイベントCGも
いよいよ終盤であります。
この調子なら今月中に残りが全て完成しまする。
eye3.jpg
まだまだ登場キャラは残っていますが、
CGに出てくるヒロインは揃いつつあります。
なんかラスボスっぽい子も出てきてますが
一人でダンジョンの奥で待ってるのは寂しいのでしょう。
ぜひ可愛がってあげてください。
posted by 若月せつな at 00:34| Comment(4) | 日記