2016年08月01日

敵機直上、急降下!

8月1日にコンバンワ、若月せつなでございます。

今から70年も前に使われた第二次世界大戦の
戦車や飛行機は意外と現在も保管されております。
海外の航空ショーではレストア(修復)された実機が
元気に空を飛ぶ姿を見ることができるのです。

日本も戦う飛行機を数多く作りましたが、中でも
「ゼロ戦」を知っている人は多いことでしょう。
若い人でもゲームや映画でお馴染みの
最も代表的な戦闘機でございます。

登場した時は優れた機動性から世界最強と言われ、
日本を連勝に導きましたが、装甲が薄い弱点と
相手のアメリカが次々と生産する新型機に対抗できず、
戦争末期には自爆突撃に使われた悲劇の飛行機でもあります。

実は、そのゼロ戦が上野という身近な場所の博物館で
展示されていると知って行ってきたわけです。

zero.jpg
間近で本物を見るとですね・・まずデカい!
軽快に空を舞っている映像からは想像もつかないほど、
こんな鉄の塊がなんで浮くのか不思議でなりません。
チョンマゲのサムライが刀を振っていた、その少し後に
コレを1万機も作って世界に戦争を挑むとか
当時の日本人は一体どうなってたんですかねぇ・・。

展示されていたのは初期の21型を複座に現地改造した
強行偵察タイプで、激戦空域のラバウルで撃墜され
30年間も海中に眠っていたそうです。

私の親戚にも、元ゼロ戦パイロットで
神風特別攻撃隊に配属されたけど出撃の直前に
終戦になって死なずに済んだという凄い人がいたなぁと
思い出しながら見ていたわけです。

sl.jpg
こちらは入口に置いてある蒸気機関車D51でございます。
やっぱりデカいです。
神奈川の生田緑地と埼玉の鉄道博物館にもありましたね。
大宮駅では稼動しているC11も発見したので、
次に狙うなら大井川鉄道の動態保存車でしょう。


さて、どっちがメインだか判らなくなってきましたが
これはゲーム開発のブログなので情報を載せねば・・。

c91.png
このような物を購入いたしました。
そうです、冬コミケットの申込み書であります。
ついに完成となる新作の発表の場を提供してくれる
夢のパスポートなのです。
ですが完全な抽選につき、受かればラッキー
くらいに考えておく方がいいでしょう。
まさに、この回から会場が拡張されるらしく
少しでも当選率が上がればいいのですが・・。

そして、もっと大きな動きがございます。
ついに全イベントCGが完成したのであります。
ん?
シナリオ重視の作品なのに並べて見ると半分以上のCGが
肌色なのは、どういう事でしょうねぇ。
きっと選ばれし者にしか見えない服を着ているのでしょう。
ともかく過去最多枚数、シナリオも過去最長の本作は
これにて予定通りの公開が確実となったわけです。
あとは音声収録というラスボスが控えてますが
指先ひとつでホンワカパッパであります。

pks.jpg
残るはメインビジュアル(パッケージ絵)のみ!
お客様が最も目にする機会の多い絵につき最重要なので
気合を入れて彩色するのです。
posted by 若月せつな at 02:56| Comment(9) | 日記