2016年09月01日

ラー・カイラムでアクシズを押すんだよ!

9月1日にコンバンワ、若月せつなでございます。

14年前の第一作からDVDを買い続けている
新海監督ファンの私としては、当然ながら最新作も
公開初日に劇場へ突入してきたわけです。

この監督の作品は個人的に当たり外れが激しいのですが、
今回は見事に大当たり。
『時をかける少女』『サマーウォーズ』に続き、
夏が舞台の青春SFアニメ映画の傑作だと思います。
笑えて泣けて謎解きもあって超美麗映像と、
誰が観ても楽しめる大衆娯楽作品の手本ですね。
ただし人によっては別の意味で泣けます。

自分もこんな青春を送りたかった(´;ω;`)ブワッ

見所の多い作品ですが、とりあえずヒロインが可愛い。
アニメならではの不思議な世界観に没頭できるので、
現実なんてクソゲーだ!という疲れた学生の方々が
最も楽しめる客層かと。
ただし観終わって現実に戻ると余計にキツいという・・。


というわけで急に学園モノが作りたくなった若月氏、
それは次回作までガマンであります。
今回はみんな大好き愛と希望とエロスの冒険
ファンタジー超大作だよ!

ゲーム製作において最も楽しい工程、
それがスクリプト。
プレイ画面という最終形が出来上がっていくのです。

カレーで言えば全ての具材を煮込んでいる状態です。
CG・BGM・効果音・シナリオ等の各種具材を
ルウという演出プログラムで合体させていくのです。
煮えたらそのままでも食べられますが、やはり
ご飯と一緒がいいですね。
そうです、キャラクターボイスです。
ご飯が炊けたと同時に鍋の火を止めて具材をかける、
これがマスターアップというカレーライスなのです。
どちらが遅くても冷めてしまうのでスケジュールは肝心。

そして最も大事なのは、お客様に食べて頂くこと。
幻創映画館は知る人ぞ知る「通」の店でございます。
果たして何人の方に新作をウマい!と言って頂けるか、
それは誰にも解らぬ話。
しかも今回は超激辛なので挑戦者の皆様は
涙を拭くご用意をお忘れなく。

daihon.jpg
ついに始まった音声収録。
順調なら次回は先行して一部を公開できるでしょう。
というわけで今回は台本の写真をお楽しみください。
posted by 若月せつな at 01:32| Comment(6) | 日記