2015年02月08日

それは紛れもなくヤツさ

2月8日にコンバンワ、若月せつなでございます。

白く白く吹雪のようなアニキと私ィ!

一年ほど製作が続いた仕事の作品が完成して、
ようやく一段落しました。
これまでにメーカー品には20本ほど携わってきましたが、
企画原案・ディレクション・シナリオ・スクリプトという
多岐に渡って参加したのは後にも先にも今回だけでしょうね。
なんだか一つの到達点を超えた感じがしますなぁ。
でも、あくまで定価9240円のゲームであり仕事ですから、
最大の目的は「売る」こと。
いつだって本当に作りたいゲームはサークルにあるのです。
  
というわけで夏コミの申込みが完了しました。
今年は2本くらい発表したいところですねぇ。
とりあえず夏コミ新作は残るCGを描きまくるのみ!
自分でキャラを描くのは実に半年振りくらいでしたが、
意外と手がスラスラ進んでおります。
まぁ同じ顔しか描けないので染み付いてるんでしょう。
あとの問題は・・ロリってどう描くんですかね´∀`)ノ
夕美さんやメル氏ですらロリと言われた事があるので、
要するにいつも通り描けばいい気がしてきた若月氏であった。
1502.jpg
左は2004年に描いたアンダーラインのセフレ先輩。
右は2013年に描いたリセレクトの姫優。
やっぱり全然違うじゃないですかやだー。
おかしい、二人とも年齢的には同じなのに・・。
ロリの定義が解らなくなった若月氏であった。
posted by 若月せつな at 07:05| Comment(9) | 日記
この記事へのコメント
せつなさん夏コミの申込みおつかれさまです♪ 


今日はバレンタインですねー自分は男ですが…せつなさんにチョコをあげたいファン心…(笑)


ロリ…ジュルリ……はっ!


えっと、お体に気を付けてがんばってください!!
Posted by TK at 2015年02月14日 10:34
ありがとうございます!
じゃあホワイトデーでは
お返しに十万石まんじゅうをあげますね!
Posted by 若月せつな at 2015年02月15日 00:58
こんばんわ。
毎度お馴染みのSSです。
今回はバレンタインのお話です。遅くなってすみません・・・。



晴季「ワイルドキャットで男子限定のバレンタイン食事会か・・・。昨日、熟肉主君から受け取ったメールによると、もうすぐ始まるみたいだね。」

蒼矢「メルさんの料理の腕はよく知ってるし、きっと美味しいお菓子が食べられると思うんだけど・・・。」

悠人「あのエロ山猫の事だから、全身にチョコを塗りたぐって「それでは皆様、メル特製のバレンタインチョコをお召し上がりください♪私も皆様のホワイトチョコを頂きますね〜♪」とか言いそうだな・・・。」

晴季・蒼矢「「・・・・・・・・・・。」」

ガンッ!

蒼矢「ゆ、夕美!痛いから鎌で殴るのはやめて!」

まりな「毎度毎度良い音立てますよね霧里さん・・・。」

夕美「エッチな事を考えた蒼矢君の方が悪いんです。」

蒼矢「ご、誤解だってば!・・・・・いや、正直言うと少しだけ・・・ち、ちょっと刃の方は向けないで!僕だって健全な男の子なんだから少し位は考えても仕方ないじゃないか〜!」

夕美弟「蒼矢お兄ちゃん、浮気はいけないんだよ。」

夕美妹「お姉ちゃんを悲しませないでね。」

蒼矢「分かってるって。僕は夕美一筋だから心配しないで。こんな心優しくて可愛いカノジョを裏切るわけないじゃないか。」

雫「もう、私達も来て正解だったよ・・・。ありがとうね西村さん、食事会の事を教えてくれて。」

繭「いえいえ、どういたしまして♪あのエッチな山猫さんの所にカレシ単体で行かせる訳にはいかないもんね♪」

晴季「何で雫達に食事会の事がバレたんだろう?」

悠人「悪い、多分俺のせいだ。実は昨日、理絵の奴にうっかり話しちまって・・・。それが繭に伝わって、きっと連絡網のように皆に連絡したんだな。」

理絵「ごめんねぇ悠人。私、結構口軽いから・・・。」

悠人「お前に口の堅さなんて期待してねぇよ。はぁ〜、失敗した・・・。」

義一「あれ?皆、大所帯でどうしたの?」

姫優「もしかしてお父さんと同じ様にメルさんに呼ばれたとか?」

雫「ビンゴだよ遠夜さん。せっかくだし2人も一緒に行く?」



メル「皆様こんにちわでございます♪・・・あれ?私は男の人しか招待した覚えがないのですが・・・?」

晴季「ごめんメルさん・・・。ちょっと色々あって・・・。」

蒼矢「いきなりで悪いんだけど、夕美達も食事会に出席させてくれないかな?」

メル「困りましたね〜。バレンタインは女性が男性にチョコを渡す日だと熟肉主様から教えられたので、女性相手だとどう対応すればいいのか分からないのですよ・・・。」

雫「メルさん、今の時代には友チョコと言う物がありましてですね。同性にチョコを渡しても何の問題も無いんだよ♪」

メル「へぇ〜、勉強になりました。それでしたら何の問題もありませんね〜♪皆様どうぞお入りください♪」



雫「おお〜、チョコケーキにチョコクッキー、トリュフにザッハトルテとまさにチョコ尽くしだね〜♪」

夕美「何時もすみませんねメルさん、頂きます。」

夕美妹「相変わらずメルお姉ちゃんの料理は美味しいね〜♪」

姫優「・・・私、バレンタインに飲んだくれのお父さんにチョコを渡して(ry」

義一「そう言う空気が重くなりそうな話題はやめてね頼むから。」

蒼矢「それにしても意外だったな。メルさんが普通にお菓子を作ってたなんて。僕はてっきりチョコまみれになって「私を食べて♪」系かと思ってた・・・。」

メル「本当は私もそうしたかったのですが、熟肉主様に衛生面で問題があるし、下手をすると血の雨が降りかねないような事はやめてくれと頼まれまして・・・。」

晴季「熟肉主さん完全にメルさんのストッパーだね・・・。」

熟肉主「まぁ、メルさんの暴走を止めるのは僕の役目だしね。説得するの大変だった・・・。orz」



食事会が始まって30分後―――――



夕美「そ、蒼矢君!アソコとお尻をいっぺんに攻められたら、私気持ち良すぎて壊れちゃいます〜!!!」

蒼矢「夕美はすっかりお尻がお気に入りだね♪今度、大人のオモチャでも使ってみようか?」

晴季「雫!雫ゥ!!!」

雫「は、ハル!?何かいつもと違ってまるで性欲に身を任せた野獣だよ〜!こう言うのもたまには悪くないけど・・・♪」

まりな「どうしちゃったんですかハルさん!?落ち着いてください!」

理絵「悠人〜!もっと私を突き上げてよ〜♪こんなんじゃ全然足りないぞ♪」

悠人「おっ、おい理絵!お前いきなりどうしたんだよ!?・・・って繭!そんな人を殺しそうな目で俺を見るな!」

繭「・・・・・平川先輩?このような暴挙は割といつもの事ですが、もし悠人を本気で寝取るような真似をしたら許しませんからね?悠人も同罪だよ?(レイプ目)」

悠人「おっ、落ちつけ繭!今のコイツ、明らかに様子がおかしいだろ!」

姫優「お父さん!体の火照りが止まらないよ〜!恥ずかしい事だって分かっているのに、手が止まらない・・・!(自慰中)」

義一「姫優、一体どうしちゃったの!?ちょっと待って!そんな物欲しそうな目で僕を見ないで!流石に近親相姦は不味すぎるよ!」



熟肉主「大体予想つくけど、メルさん一体料理に何をしたの!?」

メル「実はお菓子を作っている最中に甘味料がきれちゃいまして、仕方がないのでメルシロップを代用品にしたのですよ〜♪」

熟肉主「それで暴走する人としない人が出た訳か!何でいつも余計な事ばかりするんだよメルさんは〜!砂糖とかシロップとか近所のスーパーでも売ってるでしょ!?言えば僕が買ってきてあげるからさ〜!」

店員A「とりあえず遠夜さんだけでも何とかしないと・・・。」

店員B「とりあえず睡眠薬で眠らせて、性欲が収まるのを待つしかありませんね・・・。」
Posted by tosshi at 2015年02月24日 23:34
やっぱりこうなりますよねー。
メル氏は普通に料理すれば腕はいいのに・・。
とりあえず親子連れは入店しちゃダメですね。

一方その頃、屋敷では・・。
「今日は好きな人にチョコあげる日だと聞いたわ」
「うわ、なんで裸になってるんだ!?」
「さぁレイ、私を食べ(以下略
ダメだ、どうやってもメル氏と同じ展開にしかならない・・
Posted by 若月せつな at 2015年03月01日 00:10
SSワロタww今回も面白いですねwそしてせつなさんのオチにも笑ってしまいましたwwホワイトデーのSSも新作も楽しみにしてますねw
Posted by TK at 2015年03月03日 16:48
こんばんわ。
SSの続きです。
メルシロップによる暴走が収まり、招待された人達が帰った後の話です。



熟肉主「はぁ・・・、メルさんのせいで精神的に疲れた・・・。」

メル「熟肉主様、お疲れ様です〜♪」

熟肉主「メルさん、何時も言ってるけど頼むから食事会の度に騒動を起こすのはやめて―――」

メル「熟肉主様、これをお受け取りくださいませ。」

熟肉主「・・・・・何これ?」

メル「メル特製のオリジナルチョコレートでございます♪今日はバレンタインなので、何時も世話になっている熟肉主様への特別なプレゼントでございます♪」

熟肉主「へぇ〜、ありがとうねメルさん。どんなチョコレートなのかな―――」(包みを開ける)



『I Love you Happy Valentine's Day!』



熟肉主「!?!?メルさん、これって・・・!?」

メル「・・・?何か問題でもありましたか?」

熟肉主「いや、メルさん。このメッセージの意味ってちゃんと分かってる?って言うか無駄に執筆だな・・・。」

メル「いえ・・・、理絵さんから聞いた男を喜ばせる魔法の呪文だとか。」

熟肉主「平川さん!ハロウィンの時といい、メルさんに変な事を吹き込まないで!あのねメルさん、このメッセージは女の人が好きな男の人に渡すチョコなんかに書かれるモノであって―――」

メル「私、熟肉主様の事好きですよ♪」

熟肉主「え・・・?」

メル「いつも私と一緒にお料理をしてくれたり、失敗や暴走をフォローしてくれたり、一緒にテレビを見てのんびりしたり、色んな事を教えてくれる熟肉主様の事、私は大好きですよ♪・・・それじゃ駄目なのですか?」

熟肉主「え?・・・え!?・・・・・いや、メルさん。多分メルさんが言ってるのは家族って言うか友達と言うか・・・兎に角、このメッセージを使うような愛とはちょっと違うんじゃないかな・・・?いや、好意自体は純粋に嬉しいけど・・・。」

メル「私、このチョコレートを作っている時、他の皆様へのチョコレート菓子を作る時とはちょっと違ったモノを感じたのでございます。いえ、私自身にもよく分かりませんが・・・。」

熟肉主「・・・・・・・。」

メル「熟肉主様がワイルドキャットに来てから、私の中の色んなモノが変わった気がいたします。こんな事、生まれて初めてでございます・・・。」

熟肉主「メルさん・・・。」

メル「・・・・・熟肉主様、お片付けをいたしましょう。」

熟肉主「そうだね・・・。ん?(小声)メルさん、ちょっと静かにして。」

メル「?(小声)分かりました・・・。」



「(小声)キャ〜!まさに二人の世界ね〜♪」

「(小声)店長やるぅ♪意外と可愛い所もあるんだね〜♪」

「(小声)甘い雰囲気だなぁ・・・♪砂糖吐きそう・・・♪(ウットリ)」

「(小声)この二人の間に可愛い男の子が出来たら、唾をつけておかないと・・・。」

「(小声)ちょっとCさん・・・。」

「(小声)私もイケメンとこんな恋がしたいな〜♪」



熟肉主「・・・皆、扉の前に集まって何をしてるの?何か話し声も聞こえた様な・・・?」

店員A「い、いえ、副店長!何でもありませんよ。」

店員B「食事会のお片付けをしませんとね。」

店員C「副店長、もし可愛い息子が出来たら・・・モガ!?」

店員D「(Cの口を塞ぎつつ)あはは、何を言ってるんでしょうねCさんは・・・。」

熟肉主「・・・・・まぁいいや。皆、片付け手伝ってくれる?」

店員達「「「「「「了解〜♪」」」」」」

熟肉主「・・・何で皆ニヤニヤしてるの?」

メル「何か良い事でもあったのですか?」

店員達「「「「「「気のせいですよ、二人とも〜♪」」」」」」
Posted by tosshi at 2015年03月03日 19:55
うわぁいメル純愛ルートだぁ。
こんなに乙女になっちゃって・・。
ルート後も主人公は大変でしょうね。


私も次回作を楽しみにしております。
Posted by 若月せつな at 2015年03月07日 17:59
こんばんわ。
『世界樹と不思議のダンジョン』を購入したtosshiです。
このゲームは『世界樹の迷宮』と『不思議のダンジョン』をコラボさせたゲームで、簡単に言えば『風来のシレン』風の世界樹と言った感じです。

で、毎度お馴染み今回のパーティーは・・・
(ちなみに今作ではパーティーは最大4人まで)



せつな(ソードマン:男)説明不要の近接戦闘特化。世界樹の迷宮Wより出演。

夕美「・・・え!?今回の作品には作者さんそのものを出すんですか!?」

雫「今回の作品は今までの世界樹シリーズとは根本的に違うから、新たな試みとしてハルや蒼矢君のようなカレシを一切出さない(今の所は)せつなさん以外は全員幻創映画館の作品のヒロインズで編成された作者さんのハーレムギルドだよ〜♪モテモテですねぇ〜♪ラブコメラノベの主人公だね〜♪」

姫優「高階さん、それ以前にせつなさんって男の人なの?」

雫「さあ?まぁ、エロゲーに携わる人なんだから男の人なんじゃないの?作品の主人公も男の子だけだし。(※これは完全な僕の偏見です。もし女性の方でしたらごめんなさい・・・。)」



メイン攻略チームヒロインズ

雫(ダンサー:ダンスによる味方の支援に攻撃もこなす。世界樹の迷宮Wより出演。)
「相変わらずの賑やか担当だよ〜♪私の踊りで皆の力になるね!」

姫優(ルーンマスター:魔法による属性攻撃を得意とする魔法使い。ダンサー同様Wより出演。)
「魔法使いって事は撃たれ弱いって事だよね。立ち回りには気を付けないと・・・。」

夕美(メディック:毎度お馴染みの回復役。こちらはT・Uより出演。)
「が、頑張って皆の傷を治しますね。回復なら私に任せてください。」

その他のヒロインズ

まりな(ガンナー(U):銃を使って戦う後衛攻撃型。)
「ま、前の方は皆さんにお任せしますね。私も出来るだけ頑張ります。」

イルティス(プリンセス(U・V):味方の支援を得意とするクラスその2。)
「雫ちゃんに負けてられないわね。レイ、私がいない間に浮気なんかしちゃ嫌よ?」

繭(ダンサー(W):雫とは異なり、味方の攻撃に対する追撃特化。)
「気合を入れてレッツゴーだね♪それにしても何で私だけ全シリーズで前衛のアタッカー寄りのキャラにするのかなぁ・・・?私、そんなに強そうに見える?」

理絵(シノビ(V):身軽な動きと状態異常・変則的な攻撃で戦うクラス。)
「ふふ、理絵ちゃん忍法で敵は皆タジタジってね♪何かこのクラス、妙に私と馴染むんだよね〜♪」
Posted by tosshi at 2015年03月10日 19:46
なんか聞いたことある名前が・・作者だっ。
実は意外とエロゲ製作者に女性は多いのです。
若月氏の性別はコミケ会場に来ると判明いたしまする。

昔、チョコボの不思議なダンジョンという
ゲームがありましたが、まったく関係なかったですね。
幻創ヒロインはイル氏以外は貧弱そうな子ばかりなので心配です。
何作か後に銃を持った子が登場するっぽいですが。
Posted by 若月せつな at 2015年03月14日 03:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: