2015年09月27日

雨はいつか止むさ

9月27日にコンバンワ、若月せつなでございます。

今回も生存&製作報告で駄文を書き連ねておきますね。

エロゲー製作において、まずシナリオが無いと
絵も声も曲も演出も始められません。
しかし、それなりに大手会社のエロゲーはシナリオを書くのに
数ヶ月から半年くらい必要なので、その間は何も発表しない
というわけにもいきません。

そこで、立ち絵やイベントCGをサイトや雑誌に載せるのですが、
プロット(あらすじ)さえ決まっていれば、まだシナリオを
書いてないシーンのCGも描くことができます。
つまりシナリオとCGの同時進行という効率的な
製作が可能なのです。

そして当サークルは若月氏一人のみ!
つまりシナリオと絵を作るのが同じ人なので、
同時には進行できないのであります。
そんなの交互にやってメーカーみたいに定期的に
可愛い女の子のエッチなCGを見せろクマー!`Д´>
と、思うじゃん?

若月氏の場合、すでに書いたシナリオを後から
修正しまくるので、もし途中でCGを描いてしまうと、
やっぱりこのシーン要らなくね?という感じで
ボツ絵の山ができるのであります。

まだエロゲーの作り方を知らなかった頃の
『アンダーライン』にも未使用CGが・・。
せっかくなので載せておきましょうか。

mayu.jpg 
実は繭さんの×××シーンが完成直前まで残ってた
という恐ろしい事実が。テストプレイした友人から
「お前は純愛ゲーに生きろ」と言われて見事にカット。

 rie.jpg
なんと中×生の主人公を頂いてしまうR先輩。
完全に獲物を狩る目つきです。
もう少し後まで待ってもらいました。

・・という長い前振りですが、要するに今は
絵が一枚も無いことの壮大な言い訳でした´∀`)ノ
年内にはシナリオを書き終えたいですねぇ。
posted by 若月せつな at 05:23| Comment(10) | 日記
この記事へのコメント
こんばんわ。
『アンダーライン』って、実は相当凄まじい物語だったんですねぇ・・・。
本編でも繭の堕落―――いや、悠人への依存状態はかなり強烈でしたが、もし繭が本当にこんな事をされていたら、どこまでシナリオは恐ろしい事になっていたのでしょうか・・・?



繭「本編じゃ未遂で終わったけれど、もし本当にこんな事をされていたらと思うとちょっと怖いな・・・。ありがとうね悠人、助けに来てくれて。」

悠人「・・・俺、もし繭がこんな目に合ってたりしたら、きっとEDでは少年院入りした俺に、繭が会いに来るって感じだったろうな・・・。」

繭「アハハ・・・。きっとシナリオの後半は私と悠人の愛の逃避行になっていたんだろうね・・・。それはそれで面白かったかも♪それにしても平川先輩?中学生を性的な意味で食べるのは流石に問題がありますよ・・・。」

理絵「えぇ〜、だってあの時の悠人、凄く美味しそうだったんだもの♪あ、今でも十分美味しいよ?」

悠人「・・・お前の肉食っぷりは本当に恐ろしいな・・・。」



話は変わりますが、来月の15日、セブンスドラゴンの最新作が発売されます。
セブンスドラゴンとは、まぁ世界樹の迷宮と同様にキャラを創造して、パーティーを編成して冒険するゲームです。
ここまで言えば分かりますね?今回も幻創映画館のキャラ達が大活躍します!
何と今回はボイスまで選択が出来るので、ヒロインズの声に似たものがあれば良いなぁ・・・。

あ、その前に新・世界樹の迷宮シリーズで使われていた名前を発表します。

ギルド名:『幻創映画演劇隊』
ギルドハウス(新1で出てきたギルメンの拠点):『幻創映画館』
料理店(新2で出てきたギルメンの拠点):『ワイルドキャット』

で、例によって出演キャラの紹介です。
・・・ですが、あまりにもキャラが多すぎるので、確実に決まったキャラだけを紹介します。



「僕の剣の切れ味はどうだ!幾らでも掛かってこい!」

晴季:サムライ(正統派の前衛の剣士、今回は双剣スタイルを予定)

「相手は氷の魔物か・・・。だったらこの炎の剣を喰らえ!」

蒼矢:ルーンナイト(ナイフを触媒に様々な魔法剣を生み出して戦う剣士。回復や防御スキルも持つ)

「俺の拳を喰らえ!まだまだ余裕でいけるぜ?・・・へ?回復?俺に出来る訳ないだろ・・・?」

悠人:ゴットハンド(回復と拳による格闘攻撃が得意。ただし悠人君は拳スキルのみ。迷宮Vの時と同じ)

「いくよ〜!カードを山札からドロー!・・・よし、良い札が出た!この雫さんの一番の切り札で決めるよ〜!」

高階雫:デュエリスト(カードを毎ターン山札から一枚引き、その中から魔物を召喚して攻撃したり、トラップを仕掛けたりする職業)

「怪我の治療なら私に任せてください。・・・私に肉体戦なんて無理です・・・。」

霧里夕美:ゴットハンド(こちらは回復担当)

「星が囁いているわ。・・・残念だけど、貴方は此処までね。せめて私の手で安らかに眠りなさい。」

イルティス:フォーチュナー(占星術師、ミステリアスな雰囲気から採用。死相を手探り、バステを与えたりする職業)



まりもちゃんが初登場したSSは現在後編を執筆中です。何時になるかはわかりませんが、気長にお待ちください。
Posted by tosshi at 2015年09月28日 20:10
うーん、当時は狂ってましたね。
いや、今もか。
危うくサークルの方向を間違うところでした。

相変わらず冒険に不向きなヒロインばかりで
まことに恐縮です。
半分くらい、ただの学生ですからね・・。
悠人が男らしすぎて笑えるw

次回作はウチも冒険の旅に出ますよ!
バトルは無いけどシナリオでカバーです。
ここのSSが製作のやる気に繋がるので
負けてられません。
Posted by 若月せつな at 2015年09月30日 02:30
こんばんは、そしてお疲れ様です。
生存報告を確認して一安心、というのは冗談ですが、
製作が進んでいるようで何よりです。

立ち絵やCGの発表は遅くなっても仕方ありませんね。
そんなことより2016年のクリスマスまでに完成すればいいのですよ。
しっかしまだまだ先ですねー、いやはや。

アンダーラインは冷や冷やしながら読んでいた覚えがあります。
本当に×××なことにならなくてよかった……
テストプレイした友人氏、いや、様、GJです。
Posted by ロイ at 2015年09月30日 22:04
応援ありがとうございます!

キャラのデザインは決まっているので
来年は順に公開しようかと考えています。
発表までが長い分、シナリオも長く
しっかり読める物語になる予定です。

どうでもいいですが、その友人は
私にゲーム作りの道を勧めた張本人だったり。
全てが懐かしい・・。
Posted by 若月せつな at 2015年10月01日 04:02
語彙が少ないのであまり気の利いたことはいえませんが、とりあえずお疲れさまです

プロットもロクに決めずにシナリオ書き始めたり、CGどころか立ち絵すら満足に書けなかったりする私のような人間でも、短編でシナリオだけならなんとかならないこともないと思えますので、真剣に書かれている方ならなおさら作品を完成までもっていけると信じております
そういうわけで(?)楽しみに待たせていただきます
Posted by めろん味のすいか at 2015年10月04日 21:08
ありがとうございます!
絵が無くてもシナリオとBGM素材さえあれば
サウンドノベルは作れますので
ホラー作品なら最適だと思います。
あとは絵を描ける人に頼んで声優様に依頼すれば
意外と簡単にノベルゲーは完成です。
ぜひともアタックしてみてください。
Posted by 若月せつな at 2015年10月06日 04:39
こんばんわ。
セブンスドラゴン最新作の発売が近づいてきたので、追加メンバーを発表します。



「皆さん、ちょっとガードをお願いします!(カタカタカタカタ・・・)これでよしっと・・・。敵の無力化に成功しました!攻撃をお願いします!」

まりな:エージェント(銃による攻撃と携帯端末を使用しての敵のハッキングによる妨害、トラップで戦うクラス。彼女は頭が良い印象があるので、ハッキング・トラップ型。武装衛星をハッキングして、宇宙から強烈なレーザーを撃たせるといった技もある模様)



「マナを溜めて・・・よし、皆離れて!冷気の魔法で敵を全員氷漬けにするよ!」

姫優:メイジ(典型的な魔法使い。攻撃も回復もこなす)



「私の腕前、見せてあげるよ!(空高く跳躍)そ〜れ、一斉掃射だ!」

レミア:エージェント(こちらは射撃担当)



発売が楽しみです。
Posted by tosshi at 2015年10月11日 21:54
ファンタジーといってもPCが使えるんですね。
確かに桐羽さんは頭よさそうなイメージです。
宇宙からレーザーって、
どうやって防御するんですかね・・。
Posted by 若月せつな at 2015年10月12日 19:06
お待たせしました!
SSの続編です。
・・・そろそろ本気で18禁になるかも?
いや、今更か・・・。



雫と満から今回の騒ぎの説明を受ける夕美。



夕美「つまり蒼矢君は浮気した訳じゃなくて、癒快館の人達のいつものエッチな暴走に巻き込まれただけなんですね・・・。」

熟肉主「本当にゴメン霧里さん!メルさんにはいつもカノジョ持ちには手を出さないでって言ってるんだけど・・・。」

夕美「本当に良かった・・・。もし蒼矢君に捨てられたら私これからどう生きていけば良いのかなって・・・。」

雫・姫優((愛が重いなぁ・・・。))





繭「不特定多数の男の人かぁ・・・。そんな事いきなり言われてもすぐには用意なんか出来ないよ・・・。」

悠人「・・・待て。そう言う事なら俺にツデがある。」

繭「え?悠人って平川先輩以外に友達いたっけ?・・・あぁ、圭太君の事か。でも一人だけじゃ・・・。」


悠人「友達が少なくて悪かったな!別にそう言う目的なら友達に限る必要はねえだろ・・・。まぁ、俺に任せとけ。」



で、翌日ーーーーー



雫「ここって西村さん達が通っている高校の体育倉庫だよね・・・?悠人君、こんな所にメルさんとまりもちゃんを連れてきてどうしたんだろ?」

まりも「そもそもまりも達以外の人がここに来る必要は無いと思うんだけどね〜。蒼矢お兄ちゃん達はどうしてここに来たの?」

蒼矢「まりもちゃん、頼むから僕に甘えるような接し方はやめてくれないかな?夕美の視線が痛いから・・・。まぁ、単なる好奇心かな?深い理由はないよ。」

夕美「それにしても私達女性がここに来るのは少し危険だから離れた所からビデオカメラ越しってどういう意味でしょう・・・?」

(※ヒロインズは雫が何故か持っていたビデオカメラで撮影された映像を悠人達のクラスの教室からモニターでリアルタイム視聴という形。ちなみに撮影者は非番のワイルドキャットの店員達の内の一人。)

店員A「あっ、そう言えばこの学校って『下流』って人達がエッチな事を友達感覚や金銭でしてるんだっけ?『アンダーライン』本編でも繭ちゃん絡みで色々と大変だったよねぇ・・・。」

繭「その話で体育館倉庫で起きた嫌な出来事を思い出したよ・・・。本当、あの後色々あったーーーん?もしかして悠人・・・?」





男子生徒A「おい悠人!滅茶苦茶エロくて可愛くてしかもタダでヤらせてくれる女を紹介するって本当か!?」

男子生徒B「ん?あそこに顔もスタイルも凄ぇレベルの女が二人もいるぞ!あんな娘達とどこで知り合ったんだよお前!」

悠人「あぁ、実はお前等に少し頼みがあってなーーー」





雫「うわぁ〜!ざっと見ただけでも10人以上はいるよ!」

理絵「この学校の下流の男子の殆どが年中エロい事を考えているお猿さん達だからね〜。」

繭「確かにこれなら10人位すぐに集められそうですよね・・・。」

姫優「ひ、平川さんからその事をちらっと聞いた事はあったけど、本当だったんだ・・・。何だか怖いな・・・。」

晴季「確かにこれは雫達を近づけるのは危険だ。巻き込まれて無理矢理犯されるなんて事があったら恐ろしいからね・・・。」



男子生徒A「や、山猫?エロゲーの妹系キャラ?」

男子生徒B「こいつ等電波系か何かか・・・?」

男子生徒C「このエロすぎるおっぱいとかを好きに出来るなら電波系なんか些細な問題だぜ!・・・もう辛抱たまんねぇ!頂きます!」

男子生徒D「あっ、テメェズルいぞ!山猫ちゃんは俺が狙ってたのに!」



熟肉主「・・・え〜、試合が始まったのでここでルール説明を。あの二人が話し合って決めたんだけど、より多く男の人をイカせた方が勝ちと言う単純明快なモノです。同じ人を何度もイカせるのもOKで、制限時間は30分。ちなみにジャッジは店員さん達が担当します。」

蒼矢「何て言うか・・・まりもちゃんは知らないけど、メルさんは勝負はただの口実で、実際はただエッチを楽しみたいだけじゃあ・・・?」

熟肉主「ハッキリ言って僕もそう思っているよ・・・。もう、メルさんったらしょうがないんだから・・・。」

満「熟肉主殿、あの自称山猫の女性もエロゲーのキャラを目指しているのか?」

熟肉主「・・・そう言う認識で良いんじゃない?」
Posted by tosshi at 2015年10月19日 22:49
みんな、今すぐそこから脱出するんだ!

エロスは誰にでも等しく訪れるのです。
そう、誰にでも。

製作中に読むと気合が入ります。
もうこっちをゲーム化した方が
面白い気がしてきたぞよ。
Posted by 若月せつな at 2015年10月21日 06:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: