2015年12月13日

そんな日のこと

12月13日にコンバンワ、若月せつなでございます。

ありが〜とう〜言わな〜いよ〜ずっと〜しまって〜おく〜

え、今月で今年は終わるんですか? そうですか。
というわけで2015年最後の記事。

まずは応援して下さった方々に感謝です。
作者の趣味丸出しで読む人を選ぶ作品ばかりですが、
よくぞ耐えて下さいました。

青瞬館作品は中学生の方からアンケートが来る場合もありまして、
価値観や考え方の異なる世代の視点から見ても
作品を楽しんで頂けたというのは嬉しくも意外です。

第二次大戦中に書かれた人気作『フランス組曲』の作者は、
「1952年の読者も2052年の読者も同じように
引きつけることのできる出来事や争点を盛り込むべき」
という言葉を残したそうですが、大いに共感できます。
なお、この作品は1月上旬に日本でも映画版が公開されるので
さっそく劇場に突入して参ります。

ゲームもアニメもマンガも、面白い作品は
いつ誰が見ても面白いし年代も関係ない。
そういう製作を志したくなりますねぇ。

で、ここまで言っておいて若月氏の次回作は
まったく万人向けではござりませぬ。
エグい描写を書いてて自分で欝ったりしてるので、
果たして何人が完読できるやら・・。
でも、ありきたりとか王道と言われるよりは
尖っている方が好みな困った若月氏なのであります。

およそ6割ほど書き終えており、いよいよ
盛り上がってきたところですね。
例えるなら、空に浮かぶ島が見えたので海賊のバアさんと
飛空挺で嵐の中に突っ込む感じです。

今回はできるだけオリジナル世界を展開したいので、
あまり似てる作品は思いつかないのですが、
イメージだけでも近いゲームを・・。

こちらは今から15年も前のエロゲー。
シナリオの完成度が高く欝ゲー史に残る傑作ですが、
知ってる人いますかねぇ。

こちらは13年前のエロゲー。
さらに知名度は低いですが、歴史マニアの作者が
徹底的に構築した世界観は衝撃で、製作の精神を学びました。
BGMに多数の賛美歌を使うとか今じゃ考えられません。
このOPムービーは今のエロゲでも十分に通用すると思います。

そんなわけで、あと365日後くらいに発表できるでしょう。
わぁい、もうすぐだぞー。
posted by 若月せつな at 07:19| Comment(6) | 日記
この記事へのコメント
トピック更新&制作お疲れさまです!もう今年も終わりですかー早いですねぇ…

Kanon懐かしいな…あと一年後かーw楽しみです!!さて…今年のクリスマスはリセレクトで泣いてくるか…
Posted by TK at 2015年12月13日 09:32
きっと早いと感じるのは、
この一年が充実していたからでしょう。
そして、あっという間に次の年末が来て
次回作も発表です。
リセレクトは、もう2年前ですね・・。
Kanonは16年前・・うぐう。
Posted by 若月せつな at 2015年12月14日 01:33
ブログに記載されていたエロゲを知人の中古ショップの店長に話すと……。

「ついに君にこの話をしなければならなくなったか……。」

と言っておりました。店長さんにも思い入れがあるようです。


こんばんは、いよいよ今年も終わりますね……。

私がこの映画館に迷い込んだのは今年の1月……。1年が経とうとしているのですか……。


ちなみに先輩達のためシナリオ制作に勤しんでおります。書けば書くほどボロが出て、試行錯誤の毎日です。……プログラムは別の人なのが幸いです。

しかし、「日常からイキナリ殺人ゲームに加えられる」といったありきたりな内容なんですが、殺人の描写がパッとしない……。

私、映画のsawが好きでそのシーンを見てから書いたのですが……「迫力がない」と言われてしまいました……。

人様のブログにこんなこと書くのも失礼極まりないのですが、書きたくなってしまいました……すみません。

新作も相変わらず全裸待機で楽しみに待っております。鬱は好きです!必ずや読破したいと思います。

寒くなってきました、お体にもお気を付けて。
Posted by フェイ・ロン at 2015年12月14日 22:11
さすがに店長だけあってご存知なのですね。
ぜひ古き良き時代の名作を紹介してもらって下さい。

シナリオ執筆とは素晴らしいですね。
映像を見て文章を起こすのは意外と難しいので、
同じ媒体のノベルゲームの文章を参考にした方が
簡単だと思います。

殺人の迫力といっても、銃で脳みそが吹っ飛ぶ
ストレートな迫力もあれば、
器具でじっくり拷問して痛さを見せる迫力、
最初から動かない惨殺死体で謎や狂気の
恐怖を与える迫力など、方法は多いですね。

例えば、sawのような雰囲気と展開の作品にしよう、
といったジャンルを決めてから、
殺人描写はひぐらしシリーズの文章を参考にする
などの方向性を定めると進めやすいでしょう。

迷った時はプロが作った名作から学ぶのが一番
だと思っております。

きっと、そのうち書くのが楽しくなるでしょう。
ご健闘を。
Posted by 若月せつな at 2015年12月16日 03:16
メリークリスマス!
久しぶりの投稿&SSです!
去年同様、ワイルドキャットでクリスマスパーティーです。
しかし新作は1年後か・・・待ち遠しいな・・・。



「「「「「かんぱ〜い!!!!!」」」」」



メル「今年も私と熟肉主様お手製のお料理を存分にご堪能くださいませ♪」

熟肉主「メルシロップとか変な物は入ってないようなので、安心してお召し上がりください。」



イルティス「レイ、この料理美味しいわね。後でレシピを聞こうかしら。」

令司「メルさん、料理が得意なのは本当だったんだな。本編のシナリオが料理店の体裁を取ってるだけの腕前はあるって事か・・・。」

イルティス「ふふっ、レイの物を美味しく食べる為にも料理には工夫しなきゃね♪」

令司「・・・あんまり変な事はしないでくれよイル・・・。」



まりも「蒼矢お兄ちゃん、この料理美味しいよ。まりもが食べさせてあげるね♪はい、あ〜ん♪」

蒼矢「まりもちゃん!一人で食べられるから!・・・ち、ちょっと!夕美、誤解だって!」

満「まりも!だから彼女持ちの男に手を出すなと―――」

まりも「お兄ちゃん。まりもは蒼矢お兄ちゃんの彼女じゃないよ?妹だよ?さっき読んだ小説にも妹キャラが主人公さんに同じ事やってたよ?」

満「小説・・・?ライトノベルか?確かにそれも妹キャラを学ぶには悪くない教材だが・・・ってだから彼氏持ちの男に『あ〜ん』はやめろ!メインヒロインと妹の主人公の取り合いはフィクション―――つまりゲームやアニメとかの中だけにしておけ!リアルの修羅場は洒落にならん!」

夕美「・・・・・・・・・・。」

蒼矢「ゆ、夕美・・・さん?」

夕美「蒼矢君。はい、あ〜ん♪」

蒼矢「・・・・・へ?」

夕美「・・・・・まりもちゃんのは食べて、私のは食べてくれないのですか?」

蒼矢「そ、そんな事は無いよ!あ〜ん・・・。」

満「・・・すまない霧里殿。まりもの奴、蒼矢殿の事を何故か気に入ったらしくて・・・。手を出すなと何度も言ってはいるのだが・・・。」

夕美「大丈夫ですよ満さん。私は蒼矢君の事を信用してますから♪・・・・・ねぇ、蒼矢君?」

蒼矢「(ぞくっ!)あ、当たり前じゃないか!僕は夕美一筋だよ!」

夕美妹「・・・一瞬、お姉ちゃんがとても怖かった・・・。」

夕美弟「蒼矢お兄ちゃん、絶対に浮気は出来ないね・・・。」

まりも「蒼矢お兄ちゃん、これも美味しいよ〜。あ〜んして♪」

夕美「・・・蒼矢君、はい、あ〜ん♪」

蒼矢「あ、あはは・・・。両手に花だ良い気分だな〜・・・。」

満・夕美弟妹「「「・・・・・・・・・・。」」」



雫「レミアちゃんは海に住んでるだけあってお寿司とかの魚料理がホント好きだよね〜。」

レミア「にゅふふ♪お兄さんの所に遊びに行った時に、よくお兄さんお手製のものを御馳走になるよ♪この前作ってくれた『むにえる』ってのも美味しかったな〜♪」

汐主「あはは、海の中の生き物じゃ魚を焼くって発想自体思いつかないだろうしね。気に入ってもらえて良かったよ。料理本を買った甲斐があったさ。」

レミア「その後、お兄さんの事を美味しく食べちゃうんだよね♪」

雫「へ?本編のEDみたいに背中の―――」

汐主「誤解の無いように言っておくけど、メルさんが熟肉主さんの事を美味しく食べるって事と同じ意味合いだからね?」

雫「ですよねぇ〜。」



理絵「悠人〜!繭ちゃん〜!一緒に飲も〜!姫優ちゃんも飲む?」

繭「うわ!平川先輩お酒飲んでる!未成年なのにいい加減にしてくださいよ〜!」

姫優「・・・平川さん、貴女にはまだ言ってませんでしたけど、私はお父さん関連で正直お酒に良い思い出が無いので、すみませんが辞退します・・・。悪魔の水なんて飲みたくないよ・・・。」

理絵「2人共堅いな〜♪悠人はよく酒盛りに付き合ってくれるのにねぇ〜♪」

繭「悠人・・・・・。」

姫優「悠人君・・・・・。」

悠人「・・・いや、仕方ないだろ!付き合わないと理絵の奴が五月蠅いんだよ・・・。」

義一「・・・まぁ、程々にね平川さん・・・。飲み過ぎは駄目だよ・・・。」



このSSには続きがあります。
遅筆なので恐らく投稿は正月頃になりそうですが・・・。
Posted by tosshi at 2015年12月24日 20:08
メリーコンバンワ!
今年はブログ更新しかできませんが、
そのぶん全力で新作に取り込んでおります。

ワインとかシャンパンとか、
この店なら出てきそうですが・・
飲んだらロクな事になりそうにない
メンツばかりで不安です。

賑やかで羨ましいですなぁ。
後編も楽しみにしてます。
Posted by 若月せつな at 2015年12月26日 05:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: