2016年02月01日

The Last Crusade

2月1日にコンバンワ、若月せつなでございます。

いろんなお店が特設コーナーでチョコレートを
置くようになりました。
そうです、2月14日といえばアレの日です。

ドイツ戦艦ビスマルクの進水式が行われた日ですね。

総統閣下も出席した式典の模様は映像に残されており、
映画『ビスマルク号を撃沈せよ』の冒頭で見ることができます。
建造当時、世界最強と言われ美しいデザインは今なお
多くのファンを魅了し続けているのです。
初陣でイギリス海軍の象徴だった戦艦フッドを一撃で轟沈する
大戦果を挙げたものの、執拗な反撃によって行動不能となり
自沈するという壮絶な戦歴を残すことになったわけです。
BISMARCK.jpg

え、そうじゃないって?
わかりました、話を戻しましょう。
バレンタインはヴィッカース社で開発され
北アフリカ戦線で運用された歩兵戦車ですね。
tank.jpg

え、これも違う?
わかりました、日本の場合ですね。

nana.jpg
「あの・・よかったら、これ・・」

はい、もういいですね。
ところで、日常系アニメで高確率で出現する
バレンタイン回は一日中学園が大騒ぎになる場合が
多いのですが、自分の記憶を思い出してみると
持ち込み禁止でもないのに校内でチョコの受け渡しという
文化は無かった気がします。
やはり恥ずかしいのか、個別に会って渡すのが
主流だったように思います。最近はどうなのでしょうか。

cho.jpg
こちらは大手スーパー西友と系列のリヴィンで
輸入販売されているASDAというドイツ産の
ミルクショコラーデでございます。
いくつか種類がありますが、おすすめは
レーズンとホールナッツがたっぷり入ったタイプ。
日本のチョコとは違う濃厚な味わいが特徴です。
値段もお手頃ですので、どうせ待ってても来ないゼ!
という日本男児の方はぜひこの機会にお試し下さい。

↓画像をクリックすると幻創ヒロインたちが
バレンタインデーに向けて頑張るようです。
show.jpg
posted by 若月せつな at 02:17| Comment(12) | 日記
この記事へのコメント
こんばんわ!
幻創小劇館を見ました!
僕が作るSSよりもぶっ飛んでて面白いのでは?

今回は七菜ちゃんが主役ですか。
エロじゃなくて正統派の甘いラブロマンスが良いとか言ってたけど、青瞬館の作品は悲恋に終わるのが多い(明け夜・ななこい・リセレクト)から、やっぱり癒快館の方が良いよ・・・。癒快館作品唯一の恋人キャラだもんね。
雫、思いっきり七菜の事を茶化してたけど、ななこい本編の雫を見てると、彼氏とラブラブの七菜相手に舌打ちしたくもなるよなぁ・・・。夏の女か・・・。
きっとあの時、自分の不幸と安易に奇跡に頼った愚か者の自分を呪ってたんじゃないだろうか・・・。

メル店長のアイディアに賛同した七菜は確かに癒快館のヒロインだわな。
いきなり外国に飛んでたけど、雫が魔法の時計に願ってルーラでもしたのか?
そして桐羽さん、平川さん、まりもちゃん、君達が何故そこにいるのですか?

イルティス、3分しか力が出せないから放っておけばいいとメルは言ってたけど、ぶっちゃけ『貴方達が来ないのなら、私が攻撃を仕掛けるまで!』ってな感じで衝撃波辺りで3人に先制攻撃を仕掛ければよかったのでは?
まぁ、それを言ったらムリゲーになるか・・・。
それと雫、聖なるカカオをカカオの山から探し当てるなら魔法の力でも使えば手っ取り早かったんじゃ・・・。

ツンデレの雫・・・悪くないね。
チョコレート、御馳走様です。
でも、個人的には繭に食べさせてほしかったと思う今日この頃。
だって悠人が微妙に意地悪な性格だから・・・。

繭「悠人!これあげる!かっ、勘違いしないでよね!別に悠人の為に作った訳じゃないんだから!」

悠人「(何かの新しい遊びか・・・?)お、おう・・・。義理チョコか?サンキューな・・・。」

理絵「悠人〜♪はい、これ。理絵ちゃん特製のスペシャルチョコだよ♪」

悠人「おっ、サンキューな!・・・うん、美味いじゃんか!やっぱり愛情がこもったチョコレートは最高だな!義理チョコとは訳が違うぜ!」

繭「・・・・・平川先輩?悠人を盗ったりしたら―――」つカッターナイフ

理絵「ちょっ、ちょっと繭ちゃん!虚ろな目で凶器を持たないで!」

悠人「悪かった!俺が悪かった!軽い冗談だから落ち着け〜!」



クリスマスのSSも執筆中です。遅筆でごめんなさい・・・。
ただ、前回の話のラストはエロ小説でメルにイチャラブを教えるといった出来事の回想シーンに入りそうな内容でしたが、その後に起こる騒動が会心の出来になったので、先にそっちを投稿します!ネタは熱い内に・・・と言う奴です。
勿論メルと熟肉主のイチャラブ回想も書きますよ。こっちも18禁ですが・・・。
ただ・・・今回の騒動は思いっきり18禁の内容の上に当SSシリーズ内で上位に入るレベルの規模の代物ですが・・・書いてよろしいでしょうか?
Posted by tosshi at 2016年02月01日 18:54
実は最初、繭と理絵のチョコ合戦だったんですが、
この2人が普通にチョコを作る場面が想像できず
最も一般的な女子高生の七菜氏の登場です。

たぶんイルティスは守護者なので
相手が攻撃してこない限り自分は仕掛けないのでしょう。
一行が移動に使用したのは飛行船ヒンデンブルク号と
ツェンダップBMWサイドカーでしょうね。

傑作SS待ってます。
好きなように書きまくってください。
Posted by 若月せつな at 2016年02月02日 04:08
こんにちわ!
SS、完成しました!
実は昨日の投稿の地点で殆ど出来ていて、誤字脱字のチェックのみで済みました。
思いっきり18禁の内容ですが、どうぞ!



晴季「メルさん、自覚してないだけで、絶対に熟肉主さんの事好きだよね〜。温かく見守ってあげようか・・・。」

雫「ハル〜、ちょっといい?」

晴季「ん?どうしたの雫?その本がどうかしたの?」

雫「この小説の中身を少しだけ見てみたんだけど、主人公が2人の淫魔のエッチな攻撃をヒロインへの強い思いで耐え抜いて、見事敵に囚われのヒロインを救い出すシーンがあるんだよ。」

まりな「ファンタジーものですか?ヒロインに一途な主人公はやっぱり素敵ですよね・・・。」

雫「・・・ねぇ、ハルはこの本の主人公君みたいに快楽なんかに流されずに一途に私を愛してくれるよね?」

晴季「・・・?当たり前じゃないか!僕は雫の事を心から愛してるよ。」

雫「じゃあさ、それをちょっと私に証明してみせて♪」

晴季「・・・・・へ?」



店員A「晴季君のモノ、結構立派ね♪ねぇどうかな?私のおっぱい柔らかい?」

晴季(90)「ハァ・・・ハァ・・・ち、ちょっとAさん、やめてって・・・!?」

雫「ん〜?快楽なんかに流されないなんて言ってた割には表情がとても気持ち良さそうなんだけど〜?」

晴季「そ、そんな事ないって!こんなの全然大した事―――」

店員A「ん〜?」むぎゅううううう♪(笑顔で晴季のモノを胸で挟む力を強める)

晴季(80)「あうう・・・!?!?!?お、お願いだからやめて・・・!!!」

店員A「まだまだ私の本気はこれからだよ〜♪」(ゆっくりと晴季のモノを胸で上下に扱き始める)

晴季(70)「あああああ!?!?!?」

雫「頑張れハル〜♪淫乱な女の快楽攻撃なんかに負けるな〜♪」

まりな「ち、ちょっと高階さん!店員さんに何をやらせてるんですか・・・!?」

雫「ん〜?ハルの私に対する愛が本物なのかを試してるだけですが?私の事を本当に愛しているなら、こんなエッチなだけで頭が空っぽそうな女相手にどんなエッチな事をされても全然平気な筈だよね♪」

繭「さり気無く暴言が・・・。いや、そんな事より高階さん、一体どうしちゃったの!?」

姫優「あの〜、さっきまで雫先輩が座っていた席の近くにこんな物が・・・。」つチューハイの缶3つ

まりな・繭「「・・・・・・・・・・。」」

理絵「ん〜?何かよく分からないけど、面白そうな事やってるね〜♪」(チューハイをグイッと飲む。因みに現在5缶目)

悠人(もうマジで補導されろよコイツ・・・。)



(一応説明すると、晴季君の隣に書いてある数字は100を最大値としたHPです。これが0になると・・・。)

店員A「あははっ、晴季君のモノ凄くビクビクしてる・・・♪」

晴季(65)「え、Aさん・・・!せめてもう少し手加減して・・・!」

店員A「へぇ〜、手加減なしで良いんだね?だったら・・・はむっ♪れろれろ・・・♪」(胸の間にある晴季のモノを口で咥えて舐め始める)

晴季(50)「あぎゃあああああ!?!?!?!?!?」

店員B「ちょっとAさんばっかりズルい!私にもやらせてくださいよ〜!」

店員A「ごめんごめん♪じゃあ、ほら・・・。」

店員B「どうかな晴季君?2人のおっぱいで自分のモノを挟み込まれた感想は?あははっ、もうガチガチのビクビクだね〜♪」(むぎゅううううう♪)

晴季(45)「はああ・・・!あああああ・・・・・!!!」

店員A「晴季君、凄く気持ち良さそうな顔してるね・・・。そうだ!ねぇBさん、ちょっと勝負しない?先に晴季君を―――言いたい事は分かるよね?」

店員B「勿論ですよ♪負けた方が勝った方に明日のランチの奢りでどうですか?」

店員A「よし乗った!攻撃時間は一人当たり10秒間で良い?じゃあ言い出しっぺの私から・・・あ、その前に―――」

店員B「分かってますよ。・・・それ♪」(BがAに思いっきり抱き着く。勿論2人のおっぱいに挟まれている晴季のモノも―――)

晴季(40)「うああああ!!!」

店員A「ファーストアタック!レロレロ・・・♪」『店員Aはモノの先端をペロペロと舐めた!』

晴季(30)「くぇrちゅいおp@―――――!?!?!?」『晴季は大ダメージを受けた!』

店員B「次は私のターンだね!はむっ♪ちゅううううう・・・♪」『店員Bはモノを口で咥え、中身を飲もうとした!』

晴季(20)「あsdfghjkl;:―――――!?!?!?」『晴季は大ダメージを受けた!』

雫「おっぱいで扱きながらの攻撃だなんて大変だね〜♪あはは♪皆、頑張れ〜!あ、ハル、言うまでもない事だろうけど、もし出しちゃったりしたら別れるからね〜♪」

店員A「晴季君頑張れ〜♪」(むぎゅううううううう♪)『店員Aはおっぱいでモノを全力で挟みこんで激しく扱き始めた!』

店員B「大丈夫だよ晴季君。もし雫ちゃんに捨てられても、私達がちゃんと責任を取って可愛がってあげるから・・・♪」(じゅる♪じゅる♪)『店員Bはモノを勢いよく飲み込んだ!』

晴季(5)「くぁzwsぇdcrfvtgbyhぬjみk、おl。p;・@:¥―――――!?!?!?!?!?!?!?」『晴季の残りHPが5%以下になった!』



熟肉主「・・・あの3人もう止めないと色々とヤバいよ!皆、手伝って―――」

メル「あぁ!あんなエッチな戦いを見せられたら私もう我慢出来ません!私も参戦し(ry」(ガシッ!!!ドタタタタガチャ!バタン!!!←熟肉主がメルの手を掴み、そのまま彼女を連れて部屋から飛び出した音)

イルティス「迅速かつ的確な行動ね・・・。こう言う事に慣れてるのかしら?」

令司「フォローする熟肉主の苦労が分かるな・・・。いや、そんな事よりもあいつ等を止めるぞ!平川も変なテロップを入れてないで手伝え!」

理絵「えぇ〜、なかなか面白い見世物なのに・・・。まぁ、雫ちゃんを本気で泣かせたくはないし、手を貸しますか♪」

繭「この騒動のそもそもの原因になった人が何を言ってるんですか・・・。お酒を飲ませちゃ駄目ですよ・・・。」



夕美「そ、蒼矢君・・・。私達が外の風に当たっている間に何があったんですか?」
(た、高階さん!ハルさんが可哀相なのでもうその辺で・・・。)

蒼矢「いやぁ・・・実はかくかくじかじかで・・・。」
(ち、ちょっと霧羽さん!今いい所なんだから邪魔しないで!)

夕美「・・・このSSシリーズの中で3本の指に入りそうな規模の騒動ですね・・・。」
(晴季君のモノ、パンパンに膨れ上がってビクビクが止まらなくて・・・。もう限界が近いんだね♪一気にラストスパートをかけるよ!えへへ〜♪晴季君、もう観念して思いっきり出しちゃいなよ♪(ぺろぺろ・・・♪むちゅ♪ずちゅずちゅ♪にちゅにちゅ・・・♪))

蒼矢「投稿者の滅茶苦茶ぶりは幻創小劇館にすら匹敵するんじゃないのかな・・・?」
(あ・・・あぁ・・・もう・・・これ・・・以上、は・・・出ちゃ・・・う・・・!!!(2))

夕美「・・・・・蒼矢君はあんな事をされて耐える自信はありますか?」
(今の晴季君の残りHPは3%以下かな?)

蒼矢「・・・はっきり言うね、無理。」
(馬鹿な事言ってないでお前も手伝え〜!)

夕美「・・・まぁ、私は挑戦すらさせませんけどね。(ニコッ♪)」

蒼矢「普通はそれが当たり前だよねぇ・・・。」
Posted by tosshi at 2016年02月02日 10:33
ダメだこいつら・・・。
何もコメントが思い付かない・・。

やっぱり本編では清廉なヒロインたちが
ぶっ壊れるのは楽しいですなぁ。

いい刺激に感謝します。
次回作までの間、ネタ合戦で
楽しませて頂くとしましょう。
Posted by 若月せつな at 2016年02月04日 03:12
おはようございます。
18禁SSの感想、ありがとうございます。
反響も良さそうなので、これからはチョコチョコと18禁のシーンも入れていきたいと思います。
・・・そう言えば、今までのSSにもやんわりとながら合体の描写を入れているモノもちらほらとあったような・・・。



自分で書いといてなんですが、晴季君が羨ましい!
雫と言う可愛いカノジョがいるにも拘らず、あんな巨乳美少女2人からの極上のパイズリ奉仕を受けられるなんて・・・!
そう言えば癒快館や『UNRED NIGHT』にもパイズリ奉仕のシーンがありましたが、作者さんも巨乳が好きなのですか?
まぁ、思いっきり出したくても愛する彼女の手前出す訳にはいかないと極上の女体を前に出さないように耐えなければならないって言うのは、男として地獄のようなシチュエーションなのかもしれませんねぇ・・・。
因みに減り続ける晴季君のHPは、制止組の頑張りのお陰で何とか0.3で止まりました・・・(笑)。

因みにワイルドキャットで働く従業員達(一部)のバストサイズは―――

店員A「95のHカップだよ♪」

店員B「92の同じくGカップで〜す♪」

店員C「86のEだけど・・・。因みに私がこの店の中では一番胸が小さいのよね〜。って言うか、小さな可愛い男の子はどこにいるのかな〜?」

店員D「89のFです。」

店員E「105のIよ♪店の中でのナンバーワンの大きさは如何かしら?肩が凝って仕方が無いのよね〜♪」

店員F「この前測った時は90のFだったけど・・・。何か最近また胸が大きくなってきた気がするんだよねぇ・・・。」

雫「うわぁ〜、まさに巨乳軍団ですねぇ・・・。」

夕美「スタイルもグラビアアイドル顔負けのレベルですよね・・・。」



今回書いた晴季君のおっぱい地獄の方も、いつか地の文や描写を更に増やして、リテイクしたいなぁと思っています。
その前にメルさんVSまりもちゃんのHな対決でも書きましょうかね。
今回のと同じ展開にしても芸が無いので、その時には晴季君の頑張りも空しく、思いっきり出してしまうルートにしましょう。
大丈夫!シナリオの展開も少し変えて、晴季君と雫さんの破局なんて事は絶対にさせませんので!
当SSにNTRの要素はありません!
Posted by tosshi at 2016年02月04日 10:07
え、こんなに店員を雇ってたんですか・・。
ほとんど来客が無いのに給料は大丈夫なんですかね。

当サークルのR18作品に必ずパイズリが
入っているのは、作者の趣味もありますが
エロゲー業界での需要を反映したものですね。
パイズリは非常に人気があり、
入ってないと必ず文句を言われます。
あれは巨乳キャラ限定のシーンなので
CG枠が固定されるリスクもあるのですが、
逆に困ったら入れておけば大丈夫です。

メルVSまりもは面白いですね。
2人とも究極のエロスを目指す者として
きっと本気で戦うでしょうね
Posted by 若月せつな at 2016年02月06日 03:02
こんばんわ。
若月さんのワイルドキャットの従業員達の給料に対する疑問にお答えします。

以前のSSでも書きましたが、メルさん達は普段は別のレストランで働いています。店名は一緒ですが。
で、その店はメルさんの魔法の力で従業員達がエッチをしたいと思う人達を無意識的に招くようにしているのです。
例えば、店員AとBはイケメン・店員Cは可愛いショタとエッチしたいと思っているので、店にはイケメン君や小さな男の子のお客が多く来るのです。
従業員の中には百合嗜好の人もいるので、綺麗な女性や可愛らしい女の子もいます。
なので、基本的に店内は客が多い方です。
故にメルさんが失踪すると、それだけで修羅場と化します。

ぶっちゃけ言うと、従業員達は普段働いているレストランはエッチしたい相手を見つける狩場と考えているのです。
そして普段彼女達は本編で出てきたワイルドキャットを寮代わりとして生活しているのです。
因みにメルさん達がパーティーを開くワイルドキャットは本編で登場した方です。
まぁ、所詮は当SSだけの勝手な設定なので、あまり気にしないでください。

・・・ところで作者さんに一つ質問があります。

今回のSSでの晴季君のように、巨乳美少女軍団であるワイルドキャットの従業員達からの極上のパイズリフェラ奉仕を受けて、カノジョへの愛の力で一度も出す事無く30分耐えきる事が出来るカレシ君はいますか?

因みに今回のSSでの晴季君は店員Aのパイズリが始まって10分経過した地点で耐久力は100から5%にまで下がり、熟肉主達が制止を始めましたが・・・。

メル「チャレンジしてみるカレシ様はいらっしゃいますか?今回の晴季様が受けたダブルの他にもトリプルもありますが・・・♪」

店員A「私のHカップのおっぱいを堪能してみない?」(ぷるん♪)

店員B「私のGカップだってきっと気持ち良いよ〜♪」(ぽよん♪)

ヒロインズ「「「「「チャレンジなんてさせるか〜!」」」」」

男性一同「「「「「・・・・・・・・・・。」」」」」

もし実際に店員達からのパイズリ奉仕を受けたら、カレシ君達は耐えきれるのでしょうか・・・?
Posted by tosshi at 2016年02月06日 19:37
うーん、あまり考えたことがなかったですね。
たぶん全員、似たようなものじゃないかと。
エンディング後の愛に目覚めた悠人氏なら
かなり根性ありそうですね。
それか日頃から強化されているレイジ氏も
健闘できると予想されます。
カレシではないですが最強はエロス百戦錬磨の
羽後教官でしょう。
Posted by 若月せつな at 2016年02月08日 01:57
ハッピーバレンタインです!
今日はせつなさんが男か女かは知りませんが、幻創ヒロイン達が貴方にチョコレートを渡しに来たようです。
是非とも受け取ってあげてください。



夕美「せつなさん、このチョコレートをどうぞ。蒼矢君に渡した物は美味しかったらしいので、きっと気に入ってくれると思いますよ。」

雫「べ、別にハルへのチョコレートのついでに作った物なんだから勘違いしないでよね!・・・なんてね♪せつなさん、忙しい日々だろうけど、これからも面白い話を作ってね。新作のファンタジーも楽しみにしてるよ〜♪勿論、世界樹にも挑ませるからね〜♪」

まりな「手作りチョコなんて先輩に作ってあげた時以来だけど、美味しく出来たのでしょうか・・・?もし不味かったら処分してくれても良いですからね?」

姫優「せつなさん、美味しく出来たのかは知らないけど、このチョコレート、食べてくれますか?・・・えへへ、何か照れくさいな・・・///」

繭「このチョコレート、『アンダーライン』の雰囲気に合わせてほろ苦いビター風味にしてみたんだ。・・・本編はほろ苦いなんてもんじゃなかったけど。私の物語も甘いのが良かったなぁ・・・。」

理絵「あははっ、繭ちゃんの立場なら確かにそう言いたくもなるよね・・・。はい、これどうぞ。私のチョコレートは甘いよ〜♪」

メル「せつな様、ハッピーバレンタインなのでございます♪メル会心の出来のチョコレート、是非ご賞味くださいませ♪」

レミア「うにゅ?チョコレートってなに?美味しい物ならレミアに頂戴♪」

七菜「せつなさん、ユウ君との純粋なイチャラブ物語を作ってくれたお礼に少しだけ奮発をしてみました。気に入ってくれると嬉しいんですけど・・・。」

まりも「せつなお兄ちゃん・・・あれ?お姉ちゃんかな?まぁ、どっちでもいいや。はい、私特製のチョコレートだよ♪美味しく食べてね♪」

イルティス「せつなさん、料理本を参考に人間が普段食べるようなチョコレートを作ってみたんだけど、気に入っていただけるかしら?多分、食べられない物ではないと思うんだけど・・・。」
Posted by tosshi at 2016年02月14日 18:47
ふおおおありがとうございます!
嬉しいけど、どれから食べるか迷った挙句
選べないから一気に食べたら鼻血があああぁぁ

(貧血)
Posted by 若月せつな at 2016年02月16日 02:24
こんばんわ。
今回のSSはエロス百戦錬磨の羽後教官がワイルドキャットの巨乳美少女の極上パイズリ奉仕に耐えきれるのか?にチャレンジさせてみました。
その前に、if展開として同じくパイズリ奉仕を受けた他の一部のカレシ君達の断末魔の悲鳴と、それに対するカノジョ達のコメントを紹介します。

・・・・・本編の方もいずれは執筆します。



蒼矢・義一(10分程度)

蒼矢「あぁ、僕のモノがAさんの夕美とは違いすぎる柔らかさと大きなおっぱいに包まれて・・・!ち、ちょっとしゃぶるのはやめて!もう駄目!出る・・・!!!」

雫「・・・まぁ、ハルと大差無いね。」

晴季・蒼矢「「正直男としてアレの魅力と快楽に耐えろって言うのは愛の力があっても無理があると思うんだ雫(高階さん)。」」

姫優「しかも夕美先輩とは違いすぎるって・・・。蒼矢先輩、夕美先輩が貧乳って言いたいんですか?正直アレと比較されるのは酷だと思いませんか・・・?」

雫「・・・まぁ、ゆーみん家は正直貧乏気味だから、栄養状態や生活のストレスの事を考えると無理も無い話だよねぇ・・・。」

夕美「蒼矢君・・・。」

蒼矢「・・・すみませんでした霧里さん。正直アレに耐えるのは無理です。」

夕美「蒼矢君は胸が大きい女の子の方が好きなのですか?胸が小さい私は嫌ですか?もし大きな胸を持った女の子から告白されたら私捨てられるんですか?私、蒼矢君に捨てられたらどうやって生きていけばいいんですか?ごめんなさい蒼矢君。バイトの時間を増やしてお金を貯めて豊胸手術を受けて蒼矢君の理想の女の子になるからどうか捨てないで私蒼矢君の為なら何を犠牲にしたって―――」

雫「わあああああああ!!!ゆーみんの目からハイライトが消えて虚ろな目になってるよ〜!これ絶対ヤバい状態だって!」

蒼矢「ごめん夕美!僕は夕美の小さくても感度の良い胸も小柄で肉付きの薄い体も好きだよ!って言うか、僕は夕美の事を捨てたりはしないって!僕を信じてトラッスミー〜!!!」

理絵「夕美ちゃんって悪い男の偽りの優しさにあっさり騙されてお金を貢いだ挙句、風俗に売り飛ばされそうな感じがするよね〜。母親と幼い弟妹を養う為の忙しいバイトの日々で精神的に摩耗してそうだし・・・。」

悠人「それ蒼矢がいなくなった本編だとマジで洒落にならねぇからやめろ!!!」



悠人(15分程度)

悠人「ぐああ!俺のモノが6つのおっぱいに包まれて・・・!!!や、やめっ・・・!そんな3人がかりで責められたら・・・!悪い繭!これ以上は無理だ〜!!!」

理絵「・・・まぁ、流石の悠人も3人相手じゃ分が悪かったかな?喧嘩なら6人相手でも勝てるのにねぇ〜♪」

悠人「喧嘩とアレを一緒にするんじゃねえよ!無抵抗だったよなぁ俺!?」

メル「では、もし反撃が可能でしたら、悠人様は3人相手でも楽勝だったのですか?」

理絵「悠人なら3人どころか10人相手でも余裕じゃない?」

悠人「いや、無茶苦茶言うんじゃねえよ理絵!多分2人で限界だっての!」

繭「じゃあ私と平川先輩で打ち止めって訳だね♪」

悠人「これ以上増えたら色々と洒落にならねぇっての・・・。」



令司(18分程度)

令司「う、うぅ・・・!イルの料理を毎日食べてイルの食事の相手をしてそう言った事に耐性はあると思ってたけど、もう無理だ!気持ち良すぎる・・・!!!」

イルティス「・・・大きさ、形、弾力性、柔らかさ、肌触り・・・そのどれもがトリプルS級の奇跡クラスね・・・。こんなのに責められたら世の男は誰でも耐えきれる筈がないわ。悔しいけど、レイが出しちゃうのも無理は無いわね・・・。だけど、暫定1位は流石レイね。」

店員I「あぁ、イルティスさん・・・。貴女のような美しい方にこれ以上私の胸を触られたら・・・///」

令司「何かあの店員の目、おかしくないか?ウットリしてる感じが・・・。」

熟肉主「あぁこの人、百合嗜好の人だよ・・・。特にイルさんみたいな美しくて気品のある女性が大好きなんだってさ・・・。」

雫「このSSで登場するのは初めてだね。」
Posted by tosshi at 2016年02月20日 20:43
こういう馬鹿っぽいネタは面白くて好きです。
さすがレイジ氏、改造されてるだけあって強い。
きっと夕美さんは貧乳ではなく品乳なのです。
品のある乳なのです。
雫氏は時計の力で現在の体を手に入れたので
元はどうだったのやら・・。
Posted by 若月せつな at 2016年02月22日 00:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: