2016年07月03日

にゃしいって言わない方の睦月

7月3日にコンバンワ、若月せつなでございます。

近年、ガンダムは2種類のパターンで作られる
ようになったと思うのです。
テレビ放送では若い人に向けて新規の世界観で展開し、
古くからのファンには初代と同じ舞台を引き継いで
OVAで販売するという形態です。
私は完全に初代ファンでして、このたび久しぶりに
気になる新作が出たわけです。

『機動戦士ガンダム・サンダーボルト』という
コミック原作の映像化で、なんと劇場版が公開してる
と知って会社の近くの映画館に駆け込んだのであります。
スクリーンでガンダムを観たのは『F91』以来だけど、
やはり自分がメカを操縦してる気分になれる迫力が凄まじい。
ただし今回は、その迫力のせいで鬱になりました・・。
なにしろ戦争としての描写がリアルすぎる!!
いやもう下手なハリウッドの戦争映画より怖いです。
モビルスーツなんか絶対に乗りたくねぇ〜と痛感しました。
ここまでダークなガンダムは珍しいでしょうね。
でも、これこそ私が求めていたガンダムでございます。
最高なのであります。
tb.jpg
原作は連載中なので続編も劇場公開されるのを期待。
ところで予告で流れた艦これ劇場版は、また睦月が
泣いてたんですが今度は誰が轟沈するんですかねぇ。

では次に、今月の幻創映画館でございます。
まだ製作途中だというのに若月氏の頭の中では
公開当日のコミケ会場が映像化されているのであります。

そこで一つ気付いたのですが、エロゲーといえば
ほぼ必ず特典が付いてきますね。
特典の内容によって購入する店舗を決めるほど
重要な判断基準であり、私も昔は複数買いが
当たり前でしたからねぇ。
というわけで当サークルも何か用意できないものか・・?

本物のパンツが付いてきた作品がありましたねぇ。
抱き枕は一万円を超えるのでゲームより高いし、
ポスターやタペストリーは意外と飾れない人が多いのです。
エロゲー特有の謎特典・テレホンカードという文化は
いつまで続くのでしょうか・・。
それ以外では描き下ろしイラスト集、原画集、同人誌、
カレンダー、音楽CD、ドラマCDなどが多いようです。
omake.jpg
私が主に選んでいたのはイラストの冊子と
サウンドトラックでしたね。
ゲームクリア後も手軽に振り返って楽しめる、
もらって嬉しい特典でございます。
これなら当サークルでも無理なく作れるでしょう。

欲しい特典を思い付いた人は参考に致します。
言うだけなら自由ですので1/7フィギュアとか
ネタもアリでございます。
まあ、すべてはゲーム本編が無事に完成したら
の話ではありますが!

というわけで紹介を続けてきたイベントCGも
いよいよ終盤であります。
この調子なら今月中に残りが全て完成しまする。
eye3.jpg
まだまだ登場キャラは残っていますが、
CGに出てくるヒロインは揃いつつあります。
なんかラスボスっぽい子も出てきてますが
一人でダンジョンの奥で待ってるのは寂しいのでしょう。
ぜひ可愛がってあげてください。
posted by 若月せつな at 00:34| Comment(4) | 日記
この記事へのコメント
特典と言えばー、ラフ画とかボツ画とか製作秘話とか載ってる分厚くてレアな設定資料集みたいなのがあったら滅茶苦茶嬉しいですよね!

...あっ。
はて、新作はどうしておりましょうかと覗きに参りましたら特典案を募集しておられたようでしたのでついつい欲張りなコメントを・・
新作、楽しみにお待ちしてますっ<(_ _*)>
Posted by リリ at 2016年07月03日 08:27
いいですねぇ、
ラフ画や線画は新規に作る必要ないので
簡単な編集だけで完成する魅力的な特典です。
さらに描き下ろしがあれば最高でございます。

髪型や制服の初期案とか貴重な資料が
見られるのが楽しみでしたね。
ゲーム画面では腰までしか映らない立ち絵の
全身が見られる場合もありますね。
妄想が膨らんできましたぞ!
Posted by 若月せつな at 2016年07月03日 20:54
こんにちわ。
SSが完成しました。
せつなさんはクリスマスの話を覚えていますか?
もう夏ですが、せっかくなのでどうぞ!



メル主催のクリスマスパーティーに参加した幻創メンバー達。
しかし、理絵が持ってきた酒をジュースと間違えて飲んでしまい、更にメルが会場に置いていったエロ小説を読んだせいで雫が大暴走!
ワイルドキャットの従業員であるAとBにカレシである晴季へのパイズリ奉仕を頼んだのだ。
「本当に私の事を愛しているのなら、どんなエッチな事をされても平気だよね〜♪」と鬼畜な発言をする彼女。
メルと熟肉主を除いた総メンバーで何とかこの騒動を止めたのだった・・・。
詳しい内容はバレンタインの記事のコメントSS参照。



雫「ハル、酔っ払った勢いで店員さん達にとんでもない頼みをした私も確かに悪いよ?でもさ、私のカレシならそこはビシッと誘惑を断ってほしかったな・・・。平川先輩から聞いたよ?ハル、すっかり店員さん達のおっぱいにデレデレになっていたって。」

晴季「本当にごめん、雫・・・。」

理絵「アソコが立派な状態で正座されても、微塵も誠意を感じられないよね〜。」

繭「何言ってるんですか。そもそも平川先輩がお酒なんか持ってーーー」

メル「あぁ、あのお酒なら私が買ってきたものなのでございます。理絵さんにクリスマスイブはお酒を飲んで皆でワイワイと騒ぐのが一番だとーーー」

熟肉主「やっぱり君か、平川さん・・・。」

悠人「・・・お前、いい加減にしないとその内マジで補導されるぞ。」



雫「まぁ兎に角、ハルには何かしらのペナルティーを与えようと思います。」

晴季「・・・雫、また僕に使い魔になれと?」

雫「ハル〜、それじゃペナルティーにならないでしょ?」

まりな「確かに本編のハルさんは完全に高階さんのカレシ状態でしたね。遊園地に自転車二人乗りに浜辺とーーー」

雫「・・・桐羽さん、どこまで私達の事をストーキングしてたの?まぁ良いや。う〜ん、何か良い案無いかな〜?」

晴季「あの〜、雫さん?罰は良いんだけど、いい加減にこの荒ぶるモノを鎮めさせてくれませんか?もう辛くて辛くて・・・。」

雫「あぁ〜、そりゃ寸止め状態だもん辛いよね・・・ん?閃いた!」

夕美「高階さん、何か良いお仕置き案でも思いついたんですか?」

雫「バッチリだよゆ〜みん♪ちょっと待っててね。」



晴季「とりあえず別れを切り出されなかっただけでも良かったよ・・・。」

繭「晴季君、あんな可愛い彼女がいるのにもう少ししっかりしなよ〜。」

蒼矢「でもあんな大きくて柔らかそうな胸に迫られたら、大抵の男ならあっさり陥落しそうだよなぁ〜。」

姫優「ちょっと蒼矢君、今そう言うことは・・・蒼矢君、とりあえず後ろを向こうか。」

蒼矢「へ?・・・・・あの〜、夕美さん?何故死神の鎌なんか持ってーーー」



ガァン!!!



蒼矢「何も本気で殴る事ないじゃないか・・・。」

夕美「エッチな発言をしたカレシの蒼矢君が悪いんです。どうせ私は貧乳ですよ・・・。蒼矢君はやっぱり胸が大きな娘の方が好きなんですか・・・?」

蒼矢「今の僕には説得力なんか微塵もないだろうけど、僕は夕美を本気で愛しているよ。それに夕美の小さくても感度の良い胸も僕は好きだよ。僕が少し触るだけですぐに濡らしちゃうんだから・・・。」

夕美「そ、蒼矢君エッチです!でも私はそんな蒼矢君の事も結構嫌いじゃないです・・・///」

蒼矢「ありがとうね、夕美・・・。」

夕美「い、いえ・・・。」

姫優(このカップル、このSSシリーズの中でもかなり優遇されているよね・・・。)

(※筆者が初めてプレイした幻創物語である事(本編では悲恋に終わったので尚更)・夕美の性格や設定が色んな小話を作る上で扱いやすい(それに彼女のような大人しい娘の方がキャラを崩壊させやすい)のが主な理由。)



雫「皆、お待たせ〜♪」

まりな「高階さん、店の外で何してたんですか?」

雫「まぁ、ちょっとね。それよりも店員さん、ハルのモノがもう出したくて限界っぽいから悪いけど抜いてあげてくれない?」



晴季・蒼矢「「・・・へっ?」」

まりな・夕美・姫優「「「・・・えっ?」」」



果たして、雫のとんでも発言の真意は?

次回に続きます。
Posted by tosshi at 2016年07月05日 12:29
お久し振りです、もちろん覚えております。
クリスマスが昨日のようですが
もうじきセミが鳴く季節ですねぇ。

もとは真面目で優等生だった平川先輩は
いつの間に歪んでしまったんでしょうねー。
きっとダメな見本として繭後輩を正しく導こうとしている
先輩の鑑に違いありません。
世間一般的にもヤリスマスとか言われてるし
まあ多少はね・・?

自分の彼を他の子に任せるとか雫さんは結構
余裕あるんですねぇ。
そろそろ蒼矢氏は殴られすぎて
頭の形が変わる頃ですかな。

この中に新作のキャラが混じったら
面白いことになりそう・・。
たぶん使い勝手は良いと思うので
半年後が楽しみであります。
Posted by 若月せつな at 2016年07月06日 03:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: