2016年10月01日

こやつは上様の名を騙る不届き者じゃ!

10月1日にコンバンワ、若月せつなでございます。

愛と勇気さえあれば一人でも作れるゲーム、
それがノベルゲームであります。

シナリオは思い付いたストーリーを文章で書き連ねるだけ。
ゲームツールとプログラムはマニュアルを読めば
半年くらいで基本的なゲームを組めます。
キャラCGは練習しまくれば数年で
可愛い女の子らしき物は描けるようになります。
少なくとも若月氏は、そんな感じでした。

しかし、どう頑張っても自分では作り出せない物・・
それがキャラクターボイスであります。
こればかりは人に頼んで作ってもらうしかありません。

そうです、声優と呼ばれる職業の人々です。

今では考えられませんが、私がエロゲーにハマった時代は
メーカー品でも声が流れる作品の方が珍しく、
そもそも個人がゲームを作る文化など無かったのです。
現在は山のように同人ゲームが生み出され、
メーカーのエロゲーに参加しているプロ声優様にすら
依頼できるという素晴らしい時代になったものです。

前置きが長くなりましたが、要するに今回の話題は
ついに私の新作に声が入ったという事であります。

登場キャラが最多なら、当然ながらキャスト様も
過去最多の参加です。
絵やシナリオと同様に声も好みが分かれますが、
私としてはキャラのイメージにドハマリしております。
というわけで、今からプレイをお楽しみに!
では、今回はこのへんで終わ・・・・

おおっと、大変だ!
手が滑ってボイスデータを画像クリックで聞ける状態で
次々アップしてしまったあぁぁ!

1fel.jpg
2ren.jpg
3rio.jpg
4mar.jpg
5col.jpg
6exs.jpg

ふう・・ようやく流出が収まったようです。
事故ですから仕方ありませんね。
声だけで特定できる人にはお判りかと思いますが、
今回は新規キャスト様も参加しております。
本編プレイ前のイメージってことで
想像でお楽しみ下さい。

さて、いよいよ次回はメインビジュアルを
公開できると思われます。
それと、ヤツも来ます。
何万という作家たちが歓喜か絶望の2種類に包まれる
運命の瞬間(ジャッジメント)が・・。
posted by 若月せつな at 07:55| Comment(10) | 日記
この記事へのコメント
おおっと手が滑ってボイスデータを
全て聴いてしまったぁぁ!

最近はフリーの作品でもフルボイスであったり
また、作品によってはボイスありなしを選択でき
何度も楽しめるものになっていたりと工夫が施されている作品もあったり…。
本当に良き時代になったものですw

それにしてもとうとう完成率90%…この一年この作品の
完成率とともに過ごしてきました。
時が経つのはとても早いです。

次の更新も楽しみに待っています。

メインビジュアル…これでまた落書きのネタが増える…。




Posted by euglena at 2016年10月01日 22:14
泣きゲーで有名なKeyのKanonやCLANNADも
最初は声が無かったのでシナリオと音楽で泣かせるという
偉業を成し遂げましたねぇ。
それに比べれば私は恵まれております。

この完成率は応援あってこそなので、
プレイヤーの皆様もスタッフと言えるかもしれません。
あと少し、最後の仕上げをお待ち下さい。

今回のメインビジュアルは、これまでと違って
本編をプレイし終えてから見ると
「あれ?」となるでしょう。
Posted by 若月せつな at 2016年10月02日 21:06
技術の進化って本当に凄いものですね。
ファミコン世代の私からしたら、某プロ野球ゲーや某ドッヂボール部ゲー等、たった一言喋るだけでテンションが上がったものですが、今では当たり前の事ですものねぇ・・・。

レトロゲーも勿論良い所はたくさんあると思います。
ですが、最新ゲームのビジュアルや、声優様の迫真の演技にも胸が熱くなります。
方向性は違うけれども、どちらも楽しむ事ができる。
いい時代になったものだ。


完成まであと10%
楽しみに待っています!
・・・・・・110%とか行きませんよね?

おっと、私もここぞとばかりに流出データをぽちぽちしておこう。
Posted by くこ at 2016年10月03日 22:39
いやぁ、懐かしいですね〜。
スクウェアの名作、初代フロントミッションも
ゲーム中の音声は主人公でもヒロインでもなく
武器屋のオヤジだけですからね。

私の作品も音声が無ければ楽しさは半減でしょう。
だから気合を入れて実装いたします。

110%・・その手があったか!
完成を超えた先にある物とは果たして・・?
Posted by 若月せつな at 2016年10月05日 02:00
いかん、この流出データが消される前に聞かなければ
おっと手が滑って大音量でスピーカーから!
……いえ、嘘です、すいません、ちゃんとヘッドホンしてます←

さて、あと10%ですね
去年一年以上待つと聞いて気が遠くなったのにもうこんな時期です
年齢を重ねるごとに時が経つのが早くなるとは言いますが、
私そんなに歳取ったかしら()

ではでは、吉報をお待ちしております
……若月氏が当選してないと私の初出陣もなくなりますし(謎のプレッシャーをかけてみる)
Posted by ロイ at 2016年10月08日 09:08
罠でエロスな声が流れたら
危ないところでしたなぁグヘヘ
でも本編ではアハンウフン祭りなので
十分にお気をつけなされまし

一年なんて長いようですが文字にすれば
たったの2文字でございます。
大した事ないのです!

コミケの当落で本人に努力できることは
せいぜい記入ミスを無くすくらいですからねぇ。
みんな、オラに運を分けてくれ!
あと3週間後に運命の時は迫る・・!
Posted by 若月せつな at 2016年10月08日 23:13
こんにちわ。
新作の完成、もうすぐのようですね・・・。
プレッシャーをかけるつもりはありませんが、待たせた分の出来であると僕は信じています。

キャラの声を聴かせてくれたお礼に、SSを投稿します。
以前のSSにも書いていましたが、幻創映画演劇団が挑んだ新たなトンデモ迷宮のお話です。





大量の緑の木々や美しい湖等の自然、愛嬌のある姿のゴーレム像に溢れた第一迷宮。
岩肌が露出し、凶悪な猿やキリンの魔物が暴れまわる荒れ果てた山道をひたすら登る第二迷宮。
これら2つの難攻不落の迷宮を見事に踏覇し、達人と認められた幻創映画演劇団。



雫「やったねハル♪これで私達、達人の仲間入りだね♪」

晴季「でもさ雫、この先に待ち受けている第三迷宮はきっと今までの迷宮よりもずっと大変だと思うよ。」

まりな「そうですねハルさん。今までの冒険から考えて、多分ここからが世界樹の本番なんです。皆さん、気合いを入れて挑みましょうね。」

雫「勿論だよ♪皆の体調は万全。薬の準備も完璧。行くよ〜、新しい迷宮へ!幻創映画演劇団、突撃〜〜〜!」



『昼でも薄暗い(陽の光がまともに地面に当たらない)不気味な雰囲気の樹海・
大量の墓石と人骨・静かな空間の中に何処からか響く謎の不気味な音』(←一同が見た新しい迷宮の姿)



幻創映画演劇団一同「」



晴季「あの〜、雫さん・・・?」

雫「・・・何と言うか、これはまたガチホラーだねぇ・・・。タルシスでの冒険(迷宮W)を思い出したよ・・・。」

まりな「あぁ、あの隠しダンジョンの廃墟ですね・・・。毎日どこからか出てくる謎のパンとスープは今でも覚えています・・・。」

雫「まぁ、でもこれはこれでスリリングな探索が出来て良いんじゃないかな?今までの冒険でこう言ったタイプの迷宮は無かったから、新鮮な所も良いね。ってな訳で幻創映画演劇団、突撃〜♪」

晴季「・・・いや、駄目だって雫!こんな所にいたら本当に僕達全員祟られちゃうよ!」

まりな「私、こんな不気味な場所を平然と探索する事なんか出来ません・・・。」

雫「大丈夫だよ〜。何といってもこっちには対幽霊用の必殺兵器ゆ〜みんが・・・あれ?ゆ〜みん、どこ〜?」

蒼矢「・・・夕美ならね、霊の数があまりにも多すぎて、とても自分だけでは対処しきれないって他のリベレイター達に応援を要請中みたい・・・って言うのが建前で、本音はこんな恐ろしいエリアなんか歩き回りたくないってところだと思うよ僕は・・・。僕だって今すぐにでも全力で撤退したいよ・・・。」

雫「そうだね・・・。流石の私もこれは足が震えるってもんですよ・・・。」



鬼山(夕美の上司)「霧里ーーー!何じゃここは!ここまで霊が溢れている場所は今まで見た事無いぞ!」

夕美「鬼山さん、どうやらここは昔の戦争の主戦場だったらしく、今でも無念で成仏できない死霊達の溜まり場なんだとか・・・。」

リベレイターA「キャアアアーーー!!!空を浮かんでる頭蓋骨がこっちに向かってくるーーー!!!」

リベレイターB「うわっ!こっちには弓を構えた骸骨がグホァ!!!(←矢が刺さった)」

リベレイターC「この黒いブヨブヨした奴は大したことな・・・き、巨大化したーーー!!!???」

リベレイターD「た、助けてくれ〜!!!ゾンビ化した犬がこっちにじゃれついてくる〜!!!ここはリアルバイ○ハザードの会場か!?」



雫「・・・森の中からリベレイターさん達の悲鳴が聞こえてくる・・・。」

夕美「同僚の友人曰く、阿鼻叫喚の地獄絵図状態だそうです・・・。」

晴季「このままこの森に入っていたら、僕達全員死霊の餌食だったんじゃないかな・・・?」

蒼矢「肝試し感覚で今回の仕事に参加した人達もいるみたいだけど、大丈夫なのかな・・・?ミイラ取りがミイラにならなきゃ良いけど・・・。」

まりな「取り敢えず私達はリベレイターさん達の仕事が終わるまで第二迷宮でレベリングと資金稼ぎでもしてましょう・・・。」

晴季・雫・蒼矢・夕美「異議無し・・・。」
Posted by tosshi at 2016年10月10日 10:32
お任せ下さい、
私の作品は時間をかけるほど内容が濃くなります。
絶対に損はさせない予定でございます。

ところで、その気味悪いダンジョンは
こちらの新作にも良く似た場所が出てきますね・・。
やはり冒険には欠かせませんね。

キリンのような可愛い動物の魔物って
ちょっと想像できないんですが
体はデカいし強いんでしょうね。

リベレイターが相手にするのは
普通の人間の魂ですから
ダンジョンでは荷が重すぎですな。
きっと鬼山のオヤッサンがなんとかしてくれる!
Posted by 若月せつな at 2016年10月12日 03:05
ハッピーハロウィン!
こんばんわ。tosshiです。
今日はハロウィンなので、幻創ヒロインに仮装をさせてみました。
急ごしらえなので出来はイマイチかもしれませんが・・・。

あ、そう言えば以前にもハロウィンSS書いてましたね。蒼矢君と霧里姉弟が出演してたもの。確かオチは・・・あれ?何でしたっけ?思い出せないな・・・。



雫(魔女)「ハル〜、トリックオアトリートだよ〜!お菓子頂戴♪」

晴季「あははっ、流石は現役の魔法使いさんだね〜。はい、どうぞ。」



夕美(死神)「あっ、蒼矢君!えっと・・・トリックオアトリートです!高価なモノでなくても良いので、お菓子をください。最近何かと出費が痛くて、お菓子が買えないんです・・・。甘い物が食べたいです。もう一週間も食べてません。砂糖を舐めるのはもう嫌です・・・。シュークリームやバニラアイスが食べたいです・・・。」

夕美弟「おっ、お姉ちゃん・・・。ハロウィンなんだからそんな哀愁を誘うような言い方は駄目だよ・・・。(汗)」

夕美妹「蒼矢お兄ちゃん!無理はしなくても―――」

蒼矢「皆!今からスイパラに行こう!僕の奢りだ!」



夕美「美味しいです〜!感激です〜!御馳走様です蒼矢君・・・。」

蒼矢「夕美、苦労してるんだなぁ・・・。ほら、涙を拭いて・・・。」



後編も執筆中です。
Posted by tosshi at 2016年10月31日 18:53
あ、完全に忘れてたけど今日でしたか!
スーパーではクリスマスケーキ予約の宣伝してるし
世の中は忙しいですなぁ。

夕美さんも女の子ですから甘い物が欲しいですし、
弟と妹はなおのことでしょう・・
でも食べ過ぎたら太りますよ。

珍しく綺麗な流れだと思ったら次回で
大騒動に発展しそうなんですが・・
Posted by 若月せつな at 2016年11月01日 02:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: