2016年11月01日

なんとぉー!

11月1日にコンバンワ、若月せつなでございます。

haiti.jpg

tetu.jpg
しかも新作を公開できる。

コミケ88のカタログは『エリア88』で
作者の新谷かおる先生がブースA88で参加する
という粋な計らいだったので、今回のコミケ91は
富野監督がブースF91で参加するんですね?

思えば最初に私が参加したのは2003年の
コミケ65でしたねぇ。
くっそ下手な同人誌を必死に描いてましたが、
製作への熱意は当時も今も変わらないのであります。
2021年のコミケ100まで頑張るぞぅ!

basho.jpg
今回の配置は西1の隅っこです。
久しぶりの参加なので周囲の他サークルが
ほとんど判らないけど、雰囲気は変わってませんね。
この風、この肌触りこそソフトエリアよ!

そして幻創映画館は6歳になりました。
幼女でございます。
これからが楽しみな年頃ですので
まだまだ成長は続きます。
創立時からの方々、新規の皆様、勘違いしないでよねッ
べつに応援してくれなくてもいいんだからねッ
創りすぎちゃったから仕方なく公開してるだけなんだからッ

CMは釣りでございます。
Kanonの月宮氏やAIRの観鈴氏が
あれだけパッケージで壮大に白い翼を広げてたのに
そんなシーンは本編で一度も無かったぜ!的な。
これが御大将のやることかぁー!?

いよいよ次回は完成報告になるでしょう。
地球にアクシズでも降ってこない限り
無事にマスターアップする予定です。
パッケージ版の特典内容も決まりつつあるので
残るは仕上げ工程のみ!
最後の更新をゆっくりとお待ちください。
posted by 若月せつな at 02:42| Comment(8) | 日記
この記事へのコメント
当選おめでとうございます
29日(木)なのですねふむふむ
うーん、会社休みだったかしら……
休みじゃなかったら有給取れるかなあ
他の方との兼ね合いもあるから不安であります若月閣下

そして幻創映画館入館口が増えててちょっとほっこり
次はシートを二列にしましょう
……お気楽に言いましたが何年かかるんですかね

ではでは、次回までに年末年始休暇の調整という同僚との仁義なき戦いへ出向いてきます
Posted by ロイ at 2016年11月01日 21:30
ありがとうございます。
これも応援のおかげでしょう。

いつもは最終日だったのですが
今回は大規模にエリアの変更があったのです。
同僚たち「俺も初日に行くから無理」
という展開が無いことを祈ります。

実はイス取りゲームで二列には
ならないかもしれません。
他のキャラは立ち席でございます。
Posted by 若月せつな at 2016年11月02日 02:01
こんばんは
6周年目おめでとうございます
覚えてえてくださって感謝感激です
そして、来たら入口にいろいろな子が増えているー
いない子もいるようですが、
 年に一回ぐらいは変えてあげてください
youtubeみたいにスライド式で皆出てきたりしてwww
真ん中の女の子誰だろうと思っていたら
期待のnewフェイスだったんですね
 
 そして新作の光の国のフェルメーレ
見た目からして幻創的な作品になると期待が高まっています、長い年月をかけてできた結晶や水のようにも感じられてとてもきれいでした
早く物語を見てみたいですね

キャッチコピーの絵を見たときに
今まで以上に
これは幻創映画というにとても相応しいと
感じました
今回最高ランクの映画になると期待しています
  ずっと待っていて良かったです

12月29日のクリスマスプレゼント
楽しみに待ってます 
Posted by note at 2016年11月02日 22:44
ありがとうございます。
6周年だから席も6個にすればよかったと
今さら気付きました。
最初はランダム表示の予定だったんですが
コマンドを組むのが大変で挫折!

おそらく今回が過去最高に
幻創率が高いと思います。
なにしろジャンルがファンタジーですから
その名に負けない作りを目指しております。
ただし、大半の人々の予想に反した内容ですので
期待値を下げておくと、それだけ楽しめます。

実はコミケに落選したら12月24日に
公開する予定だったのですが、
それはそれで面白かったかもしれません。
クリスマス要素はゼロですが!
Posted by 若月せつな at 2016年11月03日 05:09
お久しぶりです!
冬コミ当選おめでとうございます!
木曜ということは1日目ですかね。
俺が行きたい東方は2日目なので、どっちに行けばいいのか迷っておりまする。
え?両方行けば言いって?それはめんd(ゲフンゲフン
そういえば幻創映画館はもう6歳なんですね...
自分は0歳の頃から見ていたのでなんだか感慨深いです。
あけよるが俺をオタクにしたと言っても過言では無いですからね!(キリッ
新作楽しみにしてます!
Posted by 遠藤ユウキ at 2016年11月24日 16:18
お久し振りであります!

今回は初めて1日目ですね。
ずっと東方と同じエリアだったんですが
ついに別れてしまいました。
それだけ勢力が凄まじいってことでしょうね。
当サークルは後でネット公開するので、
どうしても会場限定特典が欲しい場合以外は
無理せず東方に全力をかけるべきかと。

0歳からのお客様は貴重ですね。
どういうわけか、明け夜が初めてのノベル
という人が多いので責任を感じております。

欝ゲーですが良ければ新作を見てやってください。
Posted by 若月せつな at 2016年11月25日 01:42
こんばんわ。
無事、世界樹の迷宮Xをクリアしたtosshiです。
ちょっとクリアからコメントの投稿まで時間が掛かってしまいましたが・・・。

流石は世界樹、面白かった!

クリア記念に今回のパーティーを紹介します。
今回は他の作者のフリーゲームからのゲスト出演の他にも、幻創キャラの方もクラスを大幅に変えています。

まずは1stパーティー、つまり世界樹自体を攻略するチームですね。
採取部隊である2ndチームの紹介は後ほど・・・



ゲストとして参加したキャラの出演作品は『箱庭のうた』です。せつなさんはご存知ですか?

簡単に言うと、毎夜学校に忍び込んでは何かをしている無口で無感情な変わった少女と少年の夏のとある島を舞台にしたボーイミーツガールです。
幻創作品で夏と言えば!そう!『ななこい』!
なので、1stパーティーは『箱庭のうた』と『ななこい』のキャラの混合チームです!
SSの方は掛け合い程度のモノにしておきます。



『箱庭のうた』

ことり(フェンサー:毎度お馴染みの正統派戦士系。今回は突攻撃や各種属性の攻撃に次々と追撃するのが得意なタイプ。Vのパイレーツみたいなモノ。)

佐藤ことり:本作品のヒロイン。前述した無口で無感情な少女。



ことり「・・・雫、これも美味しいわ。他にも美味しい物は無いの?」(←目玉焼きパンをモグモグしながら。)

雫「それじゃあことりん。デザートとしてパンケーキと果物の蜂蜜漬け、どっち食べる?あ、蜂蜜ヨーグルトもあったね〜♪」

ことり「どれも美味しそうね。迷う・・・。」

晴季「2人共、食べてばっかりいないでそろそろ出発しようよ・・・。」

(*今回の世界樹はダンジョン内で焚き火をして料理を作る事が可能なのです。焼き魚やロースト肉は勿論の事、目玉焼きパンにシチュー、パンケーキにヨーグルト等美味しそうなモノが目白押し。アウトドアで作る料理って無駄に美味しそうなんですよね・・・。)



涼介(マスラオ:刀を武器に戦う和風剣士。防御を下げたり物理攻撃力を上げたりと攻撃一辺倒ではない器用な職。)

逢坂涼介:本作品の主人公。特にこれと言った癖の無い正統派のツッコミ系少年。

涼介「僕は個性的なメンバーに振り回されたり、彼等にツッコミを入れたりって感じの―――まぁ、所謂どこにでもいそうな普通の主人公って感じかな。」

まりな「ハルさんに近いタイプと言う訳ですね。」



『ななこい』

晴季(ドラグーン:盾で味方を守り、大型の大砲で敵を砲撃するのを得意とする。毎度お馴染みの味方を守る盾役。)

晴季「今までの物理系アタッカーとは違って、今回は味方を守る盾役か・・・。蒼矢の気持ちが少しだけ分かった気がするよ。」

雫「普通に味方を守る事は勿論、バンカーを置いて敵の攻撃自体を逸らす事も出来るんだよね。挑発とは違って自分がダメージを受ける訳じゃないから、今までよりは少しは傷の量が減ったんじゃないかな?」



雫(ウォーロック:毎度お馴染みの後衛属性アタッカー。)

雫「賑やか担当で味方を強化するのも良いけど、やっぱり魔法使いとしては攻撃魔法も使ってみたいよね。」

まりな「殆ど攻撃一辺倒ですが、火力は相変わらず凄まじいですよ。仲間と協力して敵に状態異常を与えるって事も出来るみたいです。」



まりな(シャーマン:様々な加護で味方に色んなバフを掛けるのを得意とする支援職。)

まりな「高階さんと役割を交換したって感じですね。味方全員の武器に属性を付けるというスキルがことりさんのチェイス攻撃にとても役に立ったそうです。・・・あれ、そう言えばヒーラーは?」

雫「今回のパーティーには純粋な回復役はいないんだ・・・。桐羽さんには回復アイテムの効果を上げるパッシブスキルがあったから、アイテム役も兼任してたんだよね。」



次回は採取部隊の紹介です。
Posted by tosshi at 2016年11月26日 02:27
ほう、『箱庭のうた』という作品は
初めて知りましたね。
少し調べてみましたが有名なようですね。
プレイしてみたいところですが、
クリアまで長い・・。
まずは自分の新作の完成を優先しなければ。
こういう評価の高いフリーゲームが
もっと増えてくれると嬉しいですね。

このシリーズも賑やかになりましたなぁ。
ついに3ジャンルが合同とは。
バトル要素が無い幻創キャラたちは
ちゃんとついていけるのだろうか。
せいぜい鍛えてあげてください。
Posted by 若月せつな at 2016年11月26日 17:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: