2017年03月01日

Q.美ism多面的セオリー

3月1日にコンバンワ、若月せつなでございます。

先月末に仕事のエロゲーが発売となり、
ようやく激務から解放されたと思いきや
各種対応があったりと苦戦は続く模様。

内容が純愛学園モノなのでユーザーからの指摘部分が
それなりに自分のサークル作品に活かせます。
ただし、あくまで向こうは商業メーカー品。
流行も儲けも競合も完全無視な私は
今回も自由に作らせて頂くとしましょう。

で、その進捗はシナリオがゲーム内の
二日目まで達したところです。
ようやくキャラの性格が固まってきました。
今回のメインヒロインは、当サークルでは
初となる属性の子が登場であります。
そう、学園モノでは妹に次いで高確率で
一人は含まれている定番のアレでございます。
妹キャラがそのポジションを兼任している場合も
多いのですが、妹と違うのは呼び方でしょう。

思いつくのは、これらの方々ですかねぇ。

kou.png
右端とか19年前ですよ・・懐かしすぎる・・。
そういや一つは自分も開発スタッフだったのう・・。
コレットさんは今後も活躍を期待しております。

現在の目標は二つで、まずは年内発表。
それが可能かは、もう一つの目標と関係しますが
シリーズ4作の中で最長のシナリオを目指します。
ゲーム内の日数なら確実に最多なのですが、
意外とオートで7時間かかる『ななこい』に
勝てるだろうか。

それにしても学園モノは平和ですねぇ。
書いてて驚きました。
前作が、油断したら誰でも命を落とすという
緊迫の世界観だったので余計に反動が大きいです。
だってお菓子を食べて喋ってるだけですよ!
銃撃戦とか始めていいですかね。

とくに今回は全年齢につきエロスに頼れないので
シナリオで見せねばなりませんね。
最低限、過去3作から大きく外れることが
無いように頑張るとしましょう。

夕美「見せてもらおうか」
雫 「第四弾ヒロインの」
姫優「可愛さとやらを!」
posted by 若月せつな at 01:44| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
こんにちわ。
お久しぶりのSS投稿です。

世界樹の迷宮Xにて、新たなダンジョンに入った幻創映画演劇団のお話です。
それではどうぞ!



骸骨やゾンビ、幽霊にミイラとホラーに溢れた第三迷宮を勇気を片手に見事突破した幻創映画演劇団。



雫「はぁ〜、何とかあのおっかない迷宮を攻略できたね〜。」

晴季「歴代の迷宮全般に言えるけれど、第三迷宮から難易度が大幅に上がるよね・・・。」

まりな「魔物との戦闘でピンチになる度に、私達も遂にここの死霊の仲間入りかって本気で絶望しましたよ・・・。」

夕美「リベレイターの人達も矢に炎に牙に挙げ句の果てには巨人やミイラの襲撃で何人かが重傷を負って病院送りになったそうですしね・・・。鬼山さんは荒ぶる現役時代を思い出すとか言って凄く張り切ってましたけど・・・。」

蒼矢「・・・元組長とか言ってたけど、夕美の上司って何者なの・・・?まぁ、それはそれとして次の迷宮に入るよ。」

雫「次の迷宮はいったいどんな所なのかな・・・?幻創映画演劇団、突撃〜♪」



雫「うわぁ〜、綺麗・・・。辺り一面がキラキラ光ってるよ・・・。」

まりな「高階さん、これ多分全部本物の水晶ですよ!人類未踏の地らしいですからね・・・。信じられません、まさに宝の山ですよ・・・。」

晴季「まさに水晶の樹海だね・・・。スマホのカメラで撮影しておこう。」

夕美「・・・・・。」

蒼矢「ん〜、でもこの水晶、岩の壁にガッチリと埋まっているから、ツルハシが無いととても掘り出せーーーん?どうしたの夕美?鎌なんか取り出してーーー」



カァン!カァン!



一同「!?!?!?」

夕美「えいっ!やあっ!それっ!」(カァン!カァン!)

蒼矢「ちっ、ちょっと夕美!いきなり何やってんの!?落ち着いて!鎌で水晶を掘り出すなんて無茶だよ!」

夕美「離してください蒼矢君!私はここの水晶を沢山売って、今まで滞納していた弟や妹の給食費を払うんです!」

蒼矢「えっ!?今の霧里一家の経済状況ってそんなにヤバイの!?」

夕美「私の家の家計は年中火の車なんです・・・。後、シュークリームやバニラアイスとか甘いものを沢山食べるんです!死ぬ前に一度は贅沢をしたいんです〜!」

雫「私・・・何だか凄く悲しくなってきた・・・。」

蒼矢「夕美、給食費とかは流石に無理だけど、甘いものなら僕が−−−ん?何か足音みたいなモノが聞こえる・・・?しかも複数・・・?」

まりな「み、皆さん!あっちの方からトカゲの魔物の群れがこっちに向かってきます〜!」

雫「あの〜、トカゲの魔物さん達から『気持ちよく眠ってたのに、お前らが五月蝿くて目が覚めちまったよこのボケ共が!』的な感じの怒りのオーラを感じるのは雫さんだけでしょうか?」

蒼矢「あんなトカゲの大群を僕達5人だけで相手にするなんて無茶だよ!」

夕美「み、皆さん!私の馬鹿な行動のせいで本当にごめんなさい〜!」

晴季「全員、全力逃走〜!!!」



何とか無事に迷宮を脱出した5人組。
その日は疲れたので、一同は休むことにした・・・。

そして翌日ーーー



リベレイターA「こ、蝙蝠さん!私達全員を一度に眠らせてくるのはやめてぇ!皆、起きて!ゴリラがこっちに向かってーーー(ズドゴーン!!!)」

リベレイターB「うわぁ!この蜥蜴の剣士、魔法攻撃に追撃してくーーーグハァ!」

リベレイターC「ちょっ・・・!あの孔雀っぽい魔物、他の魔物を焚き付けてるみたいだぞ!ヤバい!逃げーーーギャアアアアア!」

リベレイターD「ヒィ・・・!あの蝉、断末魔で他の魔物を呼びやがった!こっちはもうボロボロ状態なのにもう勘弁してくれ!」

リベレイターE「蜥蜴の槍使いさん!お願い!他の魔物の炎や冷気や雷をこっちに撒き散らすのはやめーーーイヤアァァァア!!!」



蒼矢「なっ、何かリベレイターの人達が死屍累々なんだけど!?死霊が大量にいるのは前の樹海だよね?いったい何があったの?」

夕美「鬼山さんから聞いた話なんですけど、どうやら一部のリベレイターの人達がこの樹海に入ったらしくて、そこで私達と同じように水晶を見つけて、どうにか掘り出してそれを換金したらかなりの金額になったらしくて・・・。」

晴季「・・・ゴールドラッシュで樹海に突撃ってワケか・・・。皆、霧里さんと考えることは一緒だよね・・・・。」

雫「ここの魔物は前の樹海に住む死霊よりもずっと手強いからね〜。死人が出なければ良いんだけど・・・。」

まりな「あっ、また新しい人達が搬送されてきました・・・。」

リベレイター達「」(←ボロボロ状態)

幻創映画演劇団「・・・・・・・・・・。(汗)」
Posted by tosshi at 2017年03月15日 15:54
チームワークとはいえ、
やはり一般人の彼らがダンジョンを
攻略してるのはスゴいことなのでしょうね・・。

どうしたリベレイター、
そんなことじゃ補習が待ってるぞ!

もう夕美さんは雫に手伝ってもらって
宝くじを買えばいいんじゃないかな。

これまでのヒロインは何とかなっているようですが、
青瞬館4弾はついに完全なポンコツ少女なので
そもそも参加できない恐れがありますね。
どう料理してくれるのか楽しみです。
Posted by 若月せつな at 2017年03月17日 04:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: