2014年06月07日

ザ・ロンゲストデイ

6月7日にコンニチハ、若月せつなでございます。

西洋史において1944年6月6日は運命の日なのです。
ドイツ帝国に占領されたフランスを奪還するための反撃計画、
これが人類史上最大規模の上陸作戦となった『Dデイ』。
映画ではベートーベンの『運命』が何度も流れます。

そして昨日の6月6日も、何万人という同人戦士にとって
運命の日であり、もちろん私も例外ではないわけです。
---------------------------------------------------
c86.jpg
---------------------------------------------------
ダ・ダ・ダ・ダーン!
秋の日のヴィオロンの、身にしみてひたぶるにうら悲し。
というわけで、西館大隊第三次攻撃隊として
有明海岸上陸作戦に出撃いたします。

サークル参加者にとっては新作が入館証。
今からC86用に完全新規で作ります。
製作途中の作品は冬に回しましょう。
それでは七夕あたりの途中報告までさようなら。

bis.jpg
ビスマル子ちゃん近影。
ツヴァイに改造した子は、46サンチ砲ガン積みで
2-5のフラルちゃんと仲良く遊んでおります。
posted by 若月せつな at 16:27| Comment(9) | 日記
この記事へのコメント
おはこんにちばんわ! いや〜梅雨がきましたね〜♪僕は雨の日って結構好きなのですが、せつなさんは雨の日って好きですか? 梅雨が終われば夏がきますね!ついにななこいをプレイする事が出来るから楽しみです♪
Posted by TK at 2014年06月08日 18:41
こんばんわ。
さて、前置きは無しで―――



理絵「平川理絵の!『幻創放送局』〜!」



♪〜♪〜♪〜(テーマ曲)



理絵「全国の理絵ちゃんファンの皆様こんばんわ〜♪梅雨の季節になりました。ジメジメした空気に気分がイマイチ高まらないリスナーもいるだろうけど、キュートな理絵ちゃんの放送を聞けば、憂鬱な気分もカラッと晴れやか間違い無し!さて、本日のゲストは―――」

夕美「ちょ、ちょっと平川さん!このラジオ番組は高階さんがパーソナリティの筈ですよね?どうして平川さんが?高階さんはどうしたんですか?スタジオに来ていないのですか?」

理絵「・・・あ〜、それなんだけど実はね・・・。」



回想



雫『もしもし平川先輩。行き成りで悪いんですけど、今日の放送、私の代わりにパーソナリティとして出演してくれませんか?』

理絵『それはお安い御用だけど、雫ちゃん一体どうしたの?今日はメルちゃんと熟肉主君の日常を取材したんでしょ?何かトラブルでもあったの?何か声もいつもと違うと言うか・・・。』

雫『・・・実はですね、取材が終わった後にメルさんがデザートを用意してくれたんですよ。そう言えば魔法のシロップが隠し味とか言ってたな・・・。で、それを食べたら何故か急にハルのモノが―――と、兎に角よろしくお願いしますね!埋め合わせは今度しますから!それでは!』

理絵『ちょ、ちょっと雫ちゃん!?』



理絵「―――ってな訳で、私がここに来たんだ。一体どうしたんだろうね雫ちゃん?体調不良かな?」

夕美「・・・・・私、高階さんがここに来れなくなった理由が分かった気がします・・・///」

理絵「え?どうして?そして何故顔を赤らめてるの夕美ちゃん?」

夕美「あの後、お尻が痛くて大変だったな・・・。でも凄く気持ち良かった―――あっ!ななななな何でもないです!!!さ、さぁ平川さん!今日の話題は何ですか!?!?」

理絵「ゆ、夕美ちゃん落ち着いて!」



一方、その頃―――――



雫「は、ハル!この体制、何か犬みたいで恥ずかしいよ〜!!!でも凄く気持ち良いよ〜!!!」

晴季「人気の無い夜の山で野外セックス(※一応、雫の魔法で外部からは気づかれないようにはしています)だなんて、雫は本当はいやらしい女の子なんだね♪雫の中、凄く締まって気持ち良い・・・!」

雫「ハル!ハルぅ!!!今日の私はまるで犬さんだよ!発情しているワンちゃんだよ〜!!!もっと突いて!もっと激しくして!私をもっと気持ち良くしてぇ〜!!!あぁん、そこ凄く気持ち良いよ〜!!!」
Posted by tosshi at 2014年06月08日 23:27
TK様:
グーテンターク!
外に出なくていいなら雨は好きですね。
一番好きなのは曇りの日です。
ななこいは夏休み直前から物語が始まるので、
学生気分になってプレイするのもいいでしょう。

tosshi様:
果たして理絵ファンが存在するのか謎ですが、
幻創ガールの中では雫の次に適任な気がしますね。
そろそろこの雫は癒快館に転勤して頂きましょうか。
Posted by 若月せつな at 2014年06月11日 02:19
こんばんわ。
今回は父の日ネタです。



雫「高階雫の!幻創放送局〜!」



♪〜♪〜♪〜(テーマ曲)



雫「リスナーの皆さんこんばんわ♪前回は本当にごめんね〜。でも、もう大丈夫!雫さんは完全復活です♪ところで皆、父の日にはお父さんに何かプレゼントをあげたのかな?今回のゲストは父の日と言う事で、遠夜姫優さんに来てもらいました!パチパチ〜♪」

姫優「・・・・・よ、宜しくね高階さん。」

雫「・・・あれ?どうしたの遠夜さん?何か微妙にテンションが沈んでるけど、大丈夫?」

姫優「あっ、いえ、ちょっと・・・。」

晴季『雫!遠夜さんにその話題はNGだ!『リセレクト』の話を思い出して!』(←カンペ)

雫「『リセレクト』・・・。あっ!ごめんなさい遠夜さん!雫さんはとんでもない地雷を踏んでしまいました!すっかり忘れてたよ〜!」

姫優「・・・いえ、高階さんは悪くないです。ただちょっと私にとって父の日って言うのは、飲んだくれのお父さんの御機嫌を取って、いい加減働いてくれってお母さんがやんわりと頼み込む日だったな―――って事をちょっと思い出して・・・。」

雫「うわあああああ!!!雫さんの良心に痛みが良い感じでクリティカルヒットですよ〜!!!」



雫「ちょっと思ったんだけどね、青瞬館のヒロインズってみんな家庭環境に何かしらの問題がある娘ばっかりだよね・・・。」

姫優「え?そうなんですか高階さん?」

雫「簡単に説明するとね―――」

夕美:幼い頃に父親が家を出ていき、母親と弟妹を養う為にアルバイトと家事に明け暮れる毎日。

雫:昔から両親の仲が非常に険悪。彼女が高校生になった頃には離婚寸前。祖母の存在と雫の魔法で一応の解決はしただけまだマシな部類か。

姫優:リストラが原因で父親が飲んだくれ化。夕美同様大変な生活を強いられる羽目に。しかも実の父親に殺されると言うもっとも悲惨な最期を迎えたと言える娘。

姫優「・・・・・私達の人生って一体・・・。」

雫「・・・・・全国のリスナーにお願いがあります。もし貴方に良き父親と母親がいるなら、私の分まで両親の事を大切にしてあげてください・・・。」

晴季(く、空気が重い・・・。(汗))
Posted by tossh at 2014年06月22日 21:16
うーん・・青瞬館のヒロインは
最悪な親父ばかりですね。
これだから大人って!
でも大丈夫です、第4弾は誰の両親も登場しません。
若者たちだけの青春物語であります。

Posted by 若月せつな at 2014年06月25日 01:10
コンバンワ
久しぶりにこのブログを見たら、コミケの配置結果まで決まってて驚きました(笑)
自分もコミケに行きたいのですが、ゲーセンの「あるゲーム」の大会に参加する準備やら、大学のオープンキャンパスなどに行くことやら、友達とカラオケに行ってサン値!ピンチ!することやらで行けるかどうかわかりませぬ・・・(^ω^)
ちなみに自分の高校では隣の女子に教科書を見せてもらったり、見せてあげたりと、ギャルゲのイベントみたいなことも良く起こるんですが、残念ながらギャルゲ的な展開になるかは別のようで、今もギャルゲが欠かせません・・・。でも最近は神作が少なく、丁度梅雨なのであまやどりの2回目プレイをしたりしていますが、どうも新鮮さが足りません。
というわけで青瞬館の新作を恵んでください!お願いします!(切実)

デワ
Posted by 遠藤ユウキ at 2014年06月26日 23:21
お久しぶりです。
コミケは会場でしか買えない作品がなければ
無理に行くこともないでしょう。
それより学生ライフのほうが大事ですね。
女子に教科書?わざと忘れるのですか?
で、そこから攻略ルートに入るわけですか。
今回の夏コミで青瞬館の新作を出そうと
ギリギリまで考えてましたが、やはり第4作は
かなり時間をかけた長編を作らなければ
もう面白い話は書けませぬ・・。
というわけで、しばらくは名作のフリゲを
探すのがよろしいかと。ご健闘をば。
Posted by 若月せつな at 2014年06月28日 17:46
自分もノベルゲー用にいくつかシナリオ書いてるんですが、どれも一向に完成しません
その理由はあり過ぎる程ありますが、まず何より、理想が高過ぎて、力量がそれに追いついてないんですよね
だから当然、作業が捗るはずもない
これはなんとかしないとな〜
Posted by めろん味のすいか at 2014年07月04日 19:49
お久し振りです。
ノベルゲーを確実に完成させるには、
とにかく最初は短編を作ることですね。
30分でも10分でもいいので、誰もが簡単に
読み終えるシナリオを書くのです。
そして次に1時間くらいの作品に挑戦して、
前回より深いシナリオやギミックを盛り込む、
という感じで、やりたい事を徐々に増やしていくのが
正攻法だと思います。
Posted by 若月せつな at 2014年07月05日 21:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: