2018年01月01日

Prosti Neujahr

2018年1月1日にコンバンワ、若月せつなでございます。

0080.jpg

やったぁ! あと11ヶ月で冬コミだ!
新作を発表するぞぅ。

と、意気込んでしまうほど
今回は素晴らしい冬コミでした。

コミケというのは大手ではない一般サークルにとって
配置は非常に重要なのです。
通称お誕生日席と呼ばれる両端がベストとされていますが、
それ以上に外周の威力を痛感しました。
会場内で最も人の通りが多いので注目度も段違いです。

その影響もあり、まさかの完売!!

作品は余ったら当然ながら残念なわけですが、
早々に完売してしまっても、もっと持ってくれば
さらに多くの人に行き渡ったのに!と残念なので
製造数の予測が難しいのです。
ところが今回は、閉会直前に最後の1本が出るという
奇跡のような展開となりました。
毎回、何人か現れる「全作品ください!」
というチャレンジャーな戦士も健在でした。

そして、なにより応援の声が心に響きます。
意外と過去作を知っている方も多く、
これ面白かったです、と言われると
作って良かった・・サークルやってて良かった・・
と思わずにいられません。
それは会場だけでなくDL版ユーザーも同じです。
ウケなんて考えない趣味丸出しの作品ばかりですが、
これからも参戦し続けるでしょう。

10年振りくらいにスケブの依頼が・・!
CGと違ってアナログ描きは緊張して手が震えましたが
下手でも渡せて良かったです。

c93.jpg

ネタで作った限定版は・・

meron.jpg
赤いキツネと緑のタヌキでございます。

c93b.jpg
荷物が軽い・・もう何も怖くない!
いや、締め切りは怖いです。

それではDL版をお待ちの皆様、
あとは任せました。
ほのぼのゲーを眠らずにプレイできる
自信のある方はどうぞ。
posted by 若月せつな at 00:02| Comment(4) | 日記

2017年12月24日

さんたつららてゆきだるむ

12月24日にコンバンワ、若月せつなでございます。

え? 今日は
うさぎをご注文してキルがミーしてベイベして
ポケットの中で戦争が起こるんですよね?
24a.jpg

しかし大切なのは聖夜でも正月でもなく
その間にあるモノでございます。

というわけで、
この記事を見て会場の当サークルに来る人が
どれだけいるか判りませんがC93直前更新です。

3万サークルが集まる中、限られた貴重な戦闘時間を割いて
わざわざ幻創映画館に来て下さる戦士たちを称え、
今回も特典つき会場限定版を用意しました。

前回ご好評を頂きました、
劇中で使用する珠玉のBGMとテーマソングの
フルバージョンを収録したサウンドトラックCD同梱
豪華2枚組みセット!
24b.jpg

さらに、当サークルを優先攻略目標として
早期到着したエリート兵の方々には、
ご希望の先着4名様に特別限定版をお選び頂けます。
24c.jpg

家に帰って開けたら、予想外のショボさに驚愕必至の
ネタアイテムを同梱!
もれなく乾いた笑いをご提供いたします。
なお特典内容は次回の更新でネタバラし予定です。

それでは参戦の皆様、会場でお待ちしております。
たぶん閉会ギリギリに来ても居座ってると思うので、
他に行くサークルが無くなったら、ついでにどうぞ。

DL版については、間に合えば
今年も元日更新するかもしれません。
ゆったりとお待ちください。
posted by 若月せつな at 06:54| Comment(4) | 日記

2017年12月08日

DECEMBER SKY

12月8日にコンバンワ、若月せつなでございます。

「あれはバーバーズ岬やな。あそこには
 有力な対空砲陣地があるはずやが
 一発も撃ってきよらんな」
「それに真珠湾上空にも敵戦闘機の姿は
 見当たりません」
「よ〜し水木、発信!ワレ奇襲ニ成功セリ
 トラ・トラ・トラや!!」
tora.jpg

毎年12月8日に必ず観る映画。
今年はブルーレイ版を買いました。
toratora.jpg

ク「知るかバカ、そんな事より報告だ!」

そうでした、報告せねばなりませぬ。

 完  成

でございます。

しかしゲームデータが完成しただけであり
公開までに準備が山ほど残っております。
とくに今回は会場ですからDLだけの場合に比べて
10倍くらい時間が必要であります。

パッケージの一つ一つが手作りで
まさしく匠の技が光る逸品でございます。
どうぞ心ゆくまでご賞味くださいませ。
pak.jpg

さて、肝心なゲーム内容は・・
やれば解るので特に語る必要も無い気がしてきました。

しまった、終わってしまった。

そういえば幻創映画館は7歳になったようです。
無理矢理こじつけるなら今回の新作は
7周年記念作品と言えなくもないですね。
でも数としては第12弾になるのです。
つまり次は8周年記念および第13弾記念作品
ということに。
まあ、だからどうしたって感じですね。

それでは最後の仕上げに入りますので、
また直前に更新するかもしれません。
たぶん。
posted by 若月せつな at 05:56| Comment(4) | 日記