2017年04月01日

あとで水も飲もうね

4月1日にコンバンワ、若月せつなでございます。

幻創映画館は何か面白い事やってないかな?
と見に来てみれば、可愛い女の子のイラストでもなく
笑えるウソ画像でもなく、渋い顔した軍人のオッサンという
どうしようもないエイプリルフール。
いや、ある種これもネタか。
poster2.jpg
実際には4月9日の出来事です。
ヨーロッパ諸国を次々と占領するドイツ帝国は
小国デンマークにも侵攻し、たった6時間たらずで
降伏に追い込みます。
ほとんど歴史で語られることの無い
この小さな抵抗戦を描いた珍しいデンマーク映画。

当時のヨーロッパは歩兵や騎馬隊しか持たない国が多く、
そんな中で突如として戦車や飛行機の大軍団が現れたら
勝てるわけない、というのがよく判ります。

Pzk_2.jpg
なんとU号戦車が無双してました。
稼動する実車なんて現存してたんですね。
昔、タミヤのプラモデルで何度も作ったなぁ。


おっと、忘れるところでした。
ここは同人ソフトサークルでしたね。

シナリオが全体の半分ほど進んでおります。
5月には完了させたいところですが、
例によって追加されまくるでしょう。

とりあえず同シリーズの
『明けない夜が来る前に』『リセレクト』の
長さは超えました。
いつもなら物語が終局へ向かっている頃に、
まだキャッキャウフフしております。
しかし幾つもの謎が転がっているので
安心してばかりもいられません。

今回は、人によっては開始5分で全容が
予想できる作りになっています。
仕掛けは解ったけど、それを主人公たちが
どう突破するかを楽しむタイプですね。
もちろん、何も解らずに読めば
それが最もストレートに楽しめるでしょう。

では、これから後半の執筆に入ります。
楽しくなってきたぞぅ。
posted by 若月せつな at 07:02| Comment(4) | 日記

2017年03月01日

Q.美ism多面的セオリー

3月1日にコンバンワ、若月せつなでございます。

先月末に仕事のエロゲーが発売となり、
ようやく激務から解放されたと思いきや
各種対応があったりと苦戦は続く模様。

内容が純愛学園モノなのでユーザーからの指摘部分が
それなりに自分のサークル作品に活かせます。
ただし、あくまで向こうは商業メーカー品。
流行も儲けも競合も完全無視な私は
今回も自由に作らせて頂くとしましょう。

で、その進捗はシナリオがゲーム内の
二日目まで達したところです。
ようやくキャラの性格が固まってきました。
今回のメインヒロインは、当サークルでは
初となる属性の子が登場であります。
そう、学園モノでは妹に次いで高確率で
一人は含まれている定番のアレでございます。
妹キャラがそのポジションを兼任している場合も
多いのですが、妹と違うのは呼び方でしょう。

思いつくのは、これらの方々ですかねぇ。

kou.png
右端とか19年前ですよ・・懐かしすぎる・・。
そういや一つは自分も開発スタッフだったのう・・。
コレットさんは今後も活躍を期待しております。

現在の目標は二つで、まずは年内発表。
それが可能かは、もう一つの目標と関係しますが
シリーズ4作の中で最長のシナリオを目指します。
ゲーム内の日数なら確実に最多なのですが、
意外とオートで7時間かかる『ななこい』に
勝てるだろうか。

それにしても学園モノは平和ですねぇ。
書いてて驚きました。
前作が、油断したら誰でも命を落とすという
緊迫の世界観だったので余計に反動が大きいです。
だってお菓子を食べて喋ってるだけですよ!
銃撃戦とか始めていいですかね。

とくに今回は全年齢につきエロスに頼れないので
シナリオで見せねばなりませんね。
最低限、過去3作から大きく外れることが
無いように頑張るとしましょう。

夕美「見せてもらおうか」
雫 「第四弾ヒロインの」
姫優「可愛さとやらを!」
posted by 若月せつな at 01:44| Comment(2) | 日記

2017年02月01日

このサークルには問題がある

2月1日にコンバンワ、若月せつなでございます。

一つのゲームが製作発表されてから発売に至るまでの期間は
メーカーによて様々であり、人気の大作なら数年レベル、
低価格のエロゲーなら毎月発売される場合もあります。

最も代表的で数も豊富な純愛学園ゲーは、
大手〜中堅メーカーのフルプライス(約8800円)の
規模だと概ね発表から発売まで半年から一年
の場合が多いようです。
ただし、宣伝ではキャラCGを見せる必要があり、
それには最低限の設定が無いと描けないため
企画立案やシナリオ執筆は発表よりも前、
つまり前作の開発中から同時進行しているのです。

さて、要するに今回は当サークルの次回作発表をしよう
という話なわけです。

とはいえティザーサイトすら無く
方向性が決定したという情報だけですので
非常に地味でございます。

幻創映画館の次回新作は・・・

青瞬館第4弾 甘く切ない学園ラヴストーリー!!

・・以上でございます。
終わってしまいました。

『明けない夜が来る前に』:2010年
『ななこい』:2012年
『リセレクト』:2013年

実に4年の時を経て、ようやくシリーズ最新作ですねぇ。
夕美さんは社会人になって働いてる頃じゃないですかー。
外伝も作りたいのですが、それはまた別の機会に。
今回は完全新作で参ります。
これからの更新を気長にお待ち下さいませ。

ゲームは作るだけでなく自分もプレイしなくては。
気合が入ります。
さっそく新しめの作品を買ってきましたぞ。
やっぱりエロゲーじゃないか。
game2.jpg

 game2_2.jpg
そして古い作品も忘れずに棚の奥から出してきます。
私にとっては今でも新鮮な作品たちですよ。
そう、思い出とともに・・。
今から17年前の作品ですが、どちらも大ヒットしたので
知っている人は画像を見ただけで悶絶するでしょう。
特に右は有名ですね、伝説の欝ゲーとして・・。

これら4作を全てプレイ済みの人は
当サークルの新作が何をテーマにするのか
なんとなくイメージできると思われます。

トモヤさん、オチバミですよ! オ・チ・バ・ミ!
ちょっと黄金の海行ってくる。
posted by 若月せつな at 03:23| Comment(7) | 日記