2016年07月03日

にゃしいって言わない方の睦月

7月3日にコンバンワ、若月せつなでございます。

近年、ガンダムは2種類のパターンで作られる
ようになったと思うのです。
テレビ放送では若い人に向けて新規の世界観で展開し、
古くからのファンには初代と同じ舞台を引き継いで
OVAで販売するという形態です。
私は完全に初代ファンでして、このたび久しぶりに
気になる新作が出たわけです。

『機動戦士ガンダム・サンダーボルト』という
コミック原作の映像化で、なんと劇場版が公開してる
と知って会社の近くの映画館に駆け込んだのであります。
スクリーンでガンダムを観たのは『F91』以来だけど、
やはり自分がメカを操縦してる気分になれる迫力が凄まじい。
ただし今回は、その迫力のせいで鬱になりました・・。
なにしろ戦争としての描写がリアルすぎる!!
いやもう下手なハリウッドの戦争映画より怖いです。
モビルスーツなんか絶対に乗りたくねぇ〜と痛感しました。
ここまでダークなガンダムは珍しいでしょうね。
でも、これこそ私が求めていたガンダムでございます。
最高なのであります。
tb.jpg
原作は連載中なので続編も劇場公開されるのを期待。
ところで予告で流れた艦これ劇場版は、また睦月が
泣いてたんですが今度は誰が轟沈するんですかねぇ。

では次に、今月の幻創映画館でございます。
まだ製作途中だというのに若月氏の頭の中では
公開当日のコミケ会場が映像化されているのであります。

そこで一つ気付いたのですが、エロゲーといえば
ほぼ必ず特典が付いてきますね。
特典の内容によって購入する店舗を決めるほど
重要な判断基準であり、私も昔は複数買いが
当たり前でしたからねぇ。
というわけで当サークルも何か用意できないものか・・?

本物のパンツが付いてきた作品がありましたねぇ。
抱き枕は一万円を超えるのでゲームより高いし、
ポスターやタペストリーは意外と飾れない人が多いのです。
エロゲー特有の謎特典・テレホンカードという文化は
いつまで続くのでしょうか・・。
それ以外では描き下ろしイラスト集、原画集、同人誌、
カレンダー、音楽CD、ドラマCDなどが多いようです。
omake.jpg
私が主に選んでいたのはイラストの冊子と
サウンドトラックでしたね。
ゲームクリア後も手軽に振り返って楽しめる、
もらって嬉しい特典でございます。
これなら当サークルでも無理なく作れるでしょう。

欲しい特典を思い付いた人は参考に致します。
言うだけなら自由ですので1/7フィギュアとか
ネタもアリでございます。
まあ、すべてはゲーム本編が無事に完成したら
の話ではありますが!

というわけで紹介を続けてきたイベントCGも
いよいよ終盤であります。
この調子なら今月中に残りが全て完成しまする。
eye3.jpg
まだまだ登場キャラは残っていますが、
CGに出てくるヒロインは揃いつつあります。
なんかラスボスっぽい子も出てきてますが
一人でダンジョンの奥で待ってるのは寂しいのでしょう。
ぜひ可愛がってあげてください。
posted by 若月せつな at 00:34| Comment(4) | 日記

2016年06月01日

きさま!見ているなッ!

6月1日にコンバンワ、若月せつなでございます。

グレートですよこいつはァ!
というわけで放送中のジョジョ4部が面白すぎて
週で一番の楽しみになりましたとさ。
バトルがメインの3部とは変わって日常の学園モノ!
ギャルゲーなんて無かった時代ですが元祖とも言える
ヤンデレや重箱弁当が登場するのです。
原作コミックは20年以上も昔なのに、やはり
名作は時代を超えても変わらぬ面白さがありますなぁ。
jojo.jpg
今でも持っている1993年の初版。
ドリームキャスト版の格闘ゲームで
ホル・ホースとポルナレフばっか使って
毎日のように友達と対戦してたのは良い思い出。

一方、幻創映画館の新作は・・
ついにゲームのプレイ画面が作られていた!

tuna.jpg
選択肢で気に入った子と会話しよう。
相手もキミのことが気になっていたら
思いきってデートに誘ってみるのもいいぞ。
果たしてクリスマスまでに彼女のハートを
ゲットできるか・・!?

ん? おっと失礼しました、間違えて
二つ先の新作を出してしまいました。
次回はファンタジー作品でしたね。

年内に発表する目標ですが、どうやら
それは確実のようです。
なんと意外なことにイベントCGが
予定の2倍の早さで仕上がっているのです。
でも決して手抜きではございません。
いろいろと機材を整備して最適な環境で
製作できるようになったのと、意欲ですね。

どうしても絵で表現したい重要なシーン
ばかりですから、一枚終わっても休むことなく
早く次が描きたくなるのです。
あとキャラが多いので飽きないのも大きいですね。
というわけで、今回も一部を紹介です。
前回は横長だったので縦長でいきましょう。
evcg2.jpg
またまた新しい子が増えました。
実は、ものすごい悪役が一名まじってたり・・。
中ボス級です。キャラは見かけに寄りませんねぇ。
ラスボスも初めは可愛いのですが最終形態が
絵に出すか迷うレベルなので保留しときましょう。
ベルセルクの蝕に(使徒側で)参加できる勢いです。

次回もまだ新規のキャラが出せそうです。
その頃にはイベント絵の大半が
終わっているでしょうから製作も次の段階ですね。
そう、みんなが気になるキャラボイスでございます。
posted by 若月せつな at 00:12| Comment(10) | 日記

2016年05月01日

恐怖!機動ビッグ・サイト

5月1日にコンバンワ、若月せつなでございます。

毎年、この時期に東京湾の逆三角形で開催される
コミケの小さい版と萌えゲー企業合同のイベントに
仕事で行ってきたのです。
panel.jpg
祭りの会場は良いものです。
普段は会社から出ることなく、ひたすらゲームを作るだけの
スタッフにとってお客様が次々と万札を渡してくる光景は、
良い商品を作るべしと気合が入ります。
また、収録を担当してスタジオでも行かなければ
なかなかお目にかかれないエロゲー声優様が最近は会場で
歌やトークを披露する貴重な場でもあり、
原画氏から直でサイン入りキャラ色紙をもらえたり
メーカーのファンにとっては嬉しい空間です。
key.jpg
ただの客だった頃の私も必死に並んで買いに行きましたが、
そのメーカー様たちも今は仕事のライバルであり仲間。
当時もらった夢を今度は私がお客様たちに分けるため、
これからもエロゲーを作り続けるのであります。
bigs.jpg
そして9ヵ月後には、この場所で今度は
ついに私のサークル最新作が公開・・できればいいなぁ。
もし完成しても、こっちは当落という第二の戦いに
勝利せねばなりません。
なぁに、東京湾に住む当選の女神が受からせたくなるほど
良い作品に仕上げればいいのです!

そんなわけで、今月は予定よりも多くのイベント絵を
仕上げるという好調なスタートであります。
ま、絵が微妙だから早いんですがね。ハッハッハ!
下手なりに利点はあるものです。
シナリオと声とBGMでカバーするので気にせず
どんどん描くとしましょう。

うーん・・描いてみて思ったんですが基本的に
イベント絵は重要なシーンにしか入れてないので、
どこを出してもネタバレになるという危険が・・。
ニッコリ笑っていても体はアバババな状態だったり、
どうしようもありませぬ。
まだ先は長いので、あくまで雰囲気ってことで。
evcg.jpg
いっぱい出てくるようです。
おねーさんもいるようです。
ちっこいのもいるようです。

次は試作のゲーム画面でも載せましょうかねぇ。
posted by 若月せつな at 23:23| Comment(6) | 日記