2017年02月01日

このサークルには問題がある

2月1日にコンバンワ、若月せつなでございます。

一つのゲームが製作発表されてから発売に至るまでの期間は
メーカーによて様々であり、人気の大作なら数年レベル、
低価格のエロゲーなら毎月発売される場合もあります。

最も代表的で数も豊富な純愛学園ゲーは、
大手〜中堅メーカーのフルプライス(約8800円)の
規模だと概ね発表から発売まで半年から一年
の場合が多いようです。
ただし、宣伝ではキャラCGを見せる必要があり、
それには最低限の設定が無いと描けないため
企画立案やシナリオ執筆は発表よりも前、
つまり前作の開発中から同時進行しているのです。

さて、要するに今回は当サークルの次回作発表をしよう
という話なわけです。

とはいえティザーサイトすら無く
方向性が決定したという情報だけですので
非常に地味でございます。

幻創映画館の次回新作は・・・

青瞬館第4弾 甘く切ない学園ラヴストーリー!!

・・以上でございます。
終わってしまいました。

『明けない夜が来る前に』:2010年
『ななこい』:2012年
『リセレクト』:2013年

実に4年の時を経て、ようやくシリーズ最新作ですねぇ。
夕美さんは社会人になって働いてる頃じゃないですかー。
外伝も作りたいのですが、それはまた別の機会に。
今回は完全新作で参ります。
これからの更新を気長にお待ち下さいませ。

ゲームは作るだけでなく自分もプレイしなくては。
気合が入ります。
さっそく新しめの作品を買ってきましたぞ。
やっぱりエロゲーじゃないか。
game2.jpg

 game2_2.jpg
そして古い作品も忘れずに棚の奥から出してきます。
私にとっては今でも新鮮な作品たちですよ。
そう、思い出とともに・・。
今から17年前の作品ですが、どちらも大ヒットしたので
知っている人は画像を見ただけで悶絶するでしょう。
特に右は有名ですね、伝説の欝ゲーとして・・。

これら4作を全てプレイ済みの人は
当サークルの新作が何をテーマにするのか
なんとなくイメージできると思われます。

トモヤさん、オチバミですよ! オ・チ・バ・ミ!
ちょっと黄金の海行ってくる。
posted by 若月せつな at 03:23| Comment(7) | 日記

2017年01月15日

ゴーヤの魚雷はお利口さんなのでち!(有人)

1月15日にコンバンワ、若月せつなでございます。

そろそろ明けましての時期も過ぎたので、やっつけ更新。

早くも年明けに映画館巡りで良作たちに出会えるという、
マニアック作品ファンの私にとっては嬉しいスタートです。
いやぁ〜、映画ってホントに良いもんですねぇ。

原子爆弾はB29という飛行機から投下されましたが、
アメリカ本土から近海の空軍基地までは船で運ばれています。
その輸送任務を実行したのがインディアナポリスという
軍艦だったわけですが、日本軍の伊58潜水艦に撃沈されます。
しかし原爆を運び終わった後であり、もし輸送中に
撃沈していたら広島・長崎への原爆投下は阻止できた
という歴史の皮肉があるのです。

伊号第58潜水艦といえば、某ゲームでスク水を着た美少女
として擬人化されてるので有名ですね(でち公オリョクル行くぞ!)
この潜水艦は特攻兵器の人間魚雷「回天」を実戦使用しており、
片や原爆輸送という運命的すぎる二つの軍艦の戦いを描く、
歴史マニアにはたまらない映画でございます。

巡洋艦インディアナポリスは完全に極秘行動のため
撃沈されても味方のアメリカ軍すら気付かず救助が遅れ、
乗員の大半がサメに食われるという結果に。

戦後、双方の艦長が再会して
「日本帝国軍人として貴方たちの撃沈が任務だった。
 だが、人として戦争の悲劇を遺憾に思う」
「私も軍人であり命令に従うのは当然だった。
 だが人として、あの輸送を名誉とは思っていない」
と言って敬礼を交わすシーンは感動しましたねぇ。
まさかゴーヤちゃんがスクリーンで大活躍する日が来るとは。
でもマニアックすぎて東京でも一館しか上映してないでち!

今年はメル・ギブソン監督とクリストファー・ノーラン監督の
新作が相次いで日本上映なので楽しみすぎて夜しか眠れません。

さて、少しはサークルの話をしないと何のブログか解りませんね。

早くも新作をプレイして感想まで下さった皆様、
ありがとうございます!
自分では考えもしなかった解釈が意外と多く、
楽しませてもらいました。
これから辛口な意見も来るだろうと覚悟してますが、
厳しいほどに燃えるのであります。

というわけで、ある程度は読者様の意向を取り込んだら
次の方向性を決定して参ります。
さすがに続編とかサイドストーリーの希望は無いと思うので
完全新作になるでしょう。
え、巨大ロボットと美少女の宇宙SF超大作ですか?
わかりました、5年ほどお待ち下さいませ。
posted by 若月せつな at 05:57| Comment(2) | 日記

2017年01月01日

嵐も雪も猛暑の中も

1月1日にコンバンワ、若月せつなでございます。

あけさしておめでとうございます

・・・という、1998年に発売された元祖泣きゲー
『ONE』に登場する川名みさき先輩の年賀状ネタは
いいとして、まずは2016年を振り返るところから
始めるとしましょうか。

もちろんアレでございます。
約束の地に集いし者たちの大いなる宴の刻。

2年振りの参戦となりましたが、やはり変わりませんねぇ。
この空気こそがコミケですよ。
お祭りは良いものです。

まず驚いたのが、開始5分で新作を求めて来た人。
さらに1時間も経たないうちに続々と新作を狙う方々が現れ、
入場フリーになって午後から徐々に来るだろうと
思っていたので嬉しい限りであります。

作品数が増え、机のスペース的に全部は厳しいので
各館から代表作を選んで持っていくことに。
と言いつつ全年齢は一つだけという無言のエロス押し。

c91.jpg
全部ください!というツワモノが何人もいて
後悔しないだろうかと少し心配でございます。
最低でも一作はヒットしてくれると願っております。

3年以上前の参加を覚えていたり、作品の感想を頂いたり
なぜか握手を求められたりと、コミケの醍醐味である
お客様との交流に感謝であります。
あと、ネタ特典の重い台本を本当に持って帰った戦士の
おかげで帰りが楽になりました。

c91b.jpg
戦いが終わり、夕日に照らされる逆三角形。
いつもと違って巨大ノコギリの下から撮影。
また今年も来ることになるでしょう。
そこに三角形がある限り。

さて、お次は当サークルにとってメインとなる
ダウンロード版をお待ちの皆様ですね。
予告通り、無駄に元日公開であります。
あとはお任せしました。
新しい年の始まりは幻創映画館の欝とエロスで決まり!
posted by 若月せつな at 00:03| Comment(10) | 日記

2016年12月01日

今ごろ街は雪で真っ白だろうなぁ

12月1日にコンバンワ、若月せつなでございます。

12月といえば・・・

ガキの頃:くりすます! オモチャ買って!
子供の頃:クリスマス! ガンダム観ようぜ!
学生の頃:コミケット! 徹夜で並んで同人誌!
現在の頃:コミケット! 新作を出さねば!

というわけで、4行で人生を語れる若月氏ですが
3行目までは他にも大勢いる普通のオタクコースです。
ただし4行目は(準備会に)選ばれし戦士でございます。
聖なる剣(券)を手にした以上、果たすべき義務があります。
手ぶらで戦場に立つことは許されないのであります。

さて、それでは今回の若月氏はどうなったのか?
さっそく発表に参りましょう。

マスターアップであります。
日本語で言うところの完成でございます。

とはいえ仕上がったのはゲームデータであって、
今回はパッケージをはじめ色々と準備が必要です。
これまでのコミケでは単にゲームディスクだけを
並べていましたが、初めて特典を付ける予定です。

後でダウンロードできるゲームを、わざわざ
会場で入手して下さる皆様へ少しだけ感謝しまして、
このような仕様を考えました。

460.jpg
劇中で流れる珠玉のBGM多数を収録した
サウンドトラックCD付き豪華2枚セット!
これを聴けば、いつどこでも幻創映画館!

さらに、ネタ特典として希望者先着一名様に
収録台本をプレゼント!
これを読めば少しだけ声優気分が味わえるかも?
※重いので荷物に余裕のある人がご希望下さい
※ネタバレになるのでクリア後にお読み下さい

ですが当サークルのプレイヤーは圧倒的に
ダウンロード版の利用者が多いので
「ななこい」以来となるBGMモードを実装しました。
あと、ストーリーに集中して使うのを忘れたぜ!
という人は回想モードがあるので見つけて下さい。
まぁ、そもそもエロスが薄くて誰も使わないでしょうけど!

作品内容については、今さら私が説明するより
プレイして頂いた方が早いので特に語ることはありませぬ。
なお、クリアまではオートで8時間くらいでした。
ついにサークル史上最長を更新ですね。
でも、あんまり無駄なシーンは入れてないつもりなので
ハマりたい人はプレイ時間の確保をおオススメします。
相変わらず万人向けではないので、幻創映画館の物語なら
何が来たって楽しめるという上級者向けでございます。

ダウンロード版については、まだ確定してませんが
元旦公開なんて面白そうだとニヤニヤ企んでおります。
新年の穏やかな時間を欝とエロスに支配されたい人は
見に来ると置いてあるかもしれませぬ。

それでは冬の陣へ出立される皆様、
閉会間際に冷やかしでも結構ですので
気が向いたら幻創映画館へお越し下さいませ。

ビッグサイトよ、2年振りに
私は帰ってきた!!
posted by 若月せつな at 04:03| Comment(8) | 日記

2016年11月01日

なんとぉー!

11月1日にコンバンワ、若月せつなでございます。

haiti.jpg

tetu.jpg
しかも新作を公開できる。

コミケ88のカタログは『エリア88』で
作者の新谷かおる先生がブースA88で参加する
という粋な計らいだったので、今回のコミケ91は
富野監督がブースF91で参加するんですね?

思えば最初に私が参加したのは2003年の
コミケ65でしたねぇ。
くっそ下手な同人誌を必死に描いてましたが、
製作への熱意は当時も今も変わらないのであります。
2021年のコミケ100まで頑張るぞぅ!

basho.jpg
今回の配置は西1の隅っこです。
久しぶりの参加なので周囲の他サークルが
ほとんど判らないけど、雰囲気は変わってませんね。
この風、この肌触りこそソフトエリアよ!

そして幻創映画館は6歳になりました。
幼女でございます。
これからが楽しみな年頃ですので
まだまだ成長は続きます。
創立時からの方々、新規の皆様、勘違いしないでよねッ
べつに応援してくれなくてもいいんだからねッ
創りすぎちゃったから仕方なく公開してるだけなんだからッ

CMは釣りでございます。
Kanonの月宮氏やAIRの観鈴氏が
あれだけパッケージで壮大に白い翼を広げてたのに
そんなシーンは本編で一度も無かったぜ!的な。
これが御大将のやることかぁー!?

いよいよ次回は完成報告になるでしょう。
地球にアクシズでも降ってこない限り
無事にマスターアップする予定です。
パッケージ版の特典内容も決まりつつあるので
残るは仕上げ工程のみ!
最後の更新をゆっくりとお待ちください。
posted by 若月せつな at 02:42| Comment(8) | 日記

2016年10月01日

こやつは上様の名を騙る不届き者じゃ!

10月1日にコンバンワ、若月せつなでございます。

愛と勇気さえあれば一人でも作れるゲーム、
それがノベルゲームであります。

シナリオは思い付いたストーリーを文章で書き連ねるだけ。
ゲームツールとプログラムはマニュアルを読めば
半年くらいで基本的なゲームを組めます。
キャラCGは練習しまくれば数年で
可愛い女の子らしき物は描けるようになります。
少なくとも若月氏は、そんな感じでした。

しかし、どう頑張っても自分では作り出せない物・・
それがキャラクターボイスであります。
こればかりは人に頼んで作ってもらうしかありません。

そうです、声優と呼ばれる職業の人々です。

今では考えられませんが、私がエロゲーにハマった時代は
メーカー品でも声が流れる作品の方が珍しく、
そもそも個人がゲームを作る文化など無かったのです。
現在は山のように同人ゲームが生み出され、
メーカーのエロゲーに参加しているプロ声優様にすら
依頼できるという素晴らしい時代になったものです。

前置きが長くなりましたが、要するに今回の話題は
ついに私の新作に声が入ったという事であります。

登場キャラが最多なら、当然ながらキャスト様も
過去最多の参加です。
絵やシナリオと同様に声も好みが分かれますが、
私としてはキャラのイメージにドハマリしております。
というわけで、今からプレイをお楽しみに!
では、今回はこのへんで終わ・・・・

おおっと、大変だ!
手が滑ってボイスデータを画像クリックで聞ける状態で
次々アップしてしまったあぁぁ!

1fel.jpg
2ren.jpg
3rio.jpg
4mar.jpg
5col.jpg
6exs.jpg

ふう・・ようやく流出が収まったようです。
事故ですから仕方ありませんね。
声だけで特定できる人にはお判りかと思いますが、
今回は新規キャスト様も参加しております。
本編プレイ前のイメージってことで
想像でお楽しみ下さい。

さて、いよいよ次回はメインビジュアルを
公開できると思われます。
それと、ヤツも来ます。
何万という作家たちが歓喜か絶望の2種類に包まれる
運命の瞬間(ジャッジメント)が・・。
posted by 若月せつな at 07:55| Comment(10) | 日記

2016年09月01日

ラー・カイラムでアクシズを押すんだよ!

9月1日にコンバンワ、若月せつなでございます。

14年前の第一作からDVDを買い続けている
新海監督ファンの私としては、当然ながら最新作も
公開初日に劇場へ突入してきたわけです。

この監督の作品は個人的に当たり外れが激しいのですが、
今回は見事に大当たり。
『時をかける少女』『サマーウォーズ』に続き、
夏が舞台の青春SFアニメ映画の傑作だと思います。
笑えて泣けて謎解きもあって超美麗映像と、
誰が観ても楽しめる大衆娯楽作品の手本ですね。
ただし人によっては別の意味で泣けます。

自分もこんな青春を送りたかった(´;ω;`)ブワッ

見所の多い作品ですが、とりあえずヒロインが可愛い。
アニメならではの不思議な世界観に没頭できるので、
現実なんてクソゲーだ!という疲れた学生の方々が
最も楽しめる客層かと。
ただし観終わって現実に戻ると余計にキツいという・・。


というわけで急に学園モノが作りたくなった若月氏、
それは次回作までガマンであります。
今回はみんな大好き愛と希望とエロスの冒険
ファンタジー超大作だよ!

ゲーム製作において最も楽しい工程、
それがスクリプト。
プレイ画面という最終形が出来上がっていくのです。

カレーで言えば全ての具材を煮込んでいる状態です。
CG・BGM・効果音・シナリオ等の各種具材を
ルウという演出プログラムで合体させていくのです。
煮えたらそのままでも食べられますが、やはり
ご飯と一緒がいいですね。
そうです、キャラクターボイスです。
ご飯が炊けたと同時に鍋の火を止めて具材をかける、
これがマスターアップというカレーライスなのです。
どちらが遅くても冷めてしまうのでスケジュールは肝心。

そして最も大事なのは、お客様に食べて頂くこと。
幻創映画館は知る人ぞ知る「通」の店でございます。
果たして何人の方に新作をウマい!と言って頂けるか、
それは誰にも解らぬ話。
しかも今回は超激辛なので挑戦者の皆様は
涙を拭くご用意をお忘れなく。

daihon.jpg
ついに始まった音声収録。
順調なら次回は先行して一部を公開できるでしょう。
というわけで今回は台本の写真をお楽しみください。
posted by 若月せつな at 01:32| Comment(6) | 日記

2016年08月01日

敵機直上、急降下!

8月1日にコンバンワ、若月せつなでございます。

今から70年も前に使われた第二次世界大戦の
戦車や飛行機は意外と現在も保管されております。
海外の航空ショーではレストア(修復)された実機が
元気に空を飛ぶ姿を見ることができるのです。

日本も戦う飛行機を数多く作りましたが、中でも
「ゼロ戦」を知っている人は多いことでしょう。
若い人でもゲームや映画でお馴染みの
最も代表的な戦闘機でございます。

登場した時は優れた機動性から世界最強と言われ、
日本を連勝に導きましたが、装甲が薄い弱点と
相手のアメリカが次々と生産する新型機に対抗できず、
戦争末期には自爆突撃に使われた悲劇の飛行機でもあります。

実は、そのゼロ戦が上野という身近な場所の博物館で
展示されていると知って行ってきたわけです。

zero.jpg
間近で本物を見るとですね・・まずデカい!
軽快に空を舞っている映像からは想像もつかないほど、
こんな鉄の塊がなんで浮くのか不思議でなりません。
チョンマゲのサムライが刀を振っていた、その少し後に
コレを1万機も作って世界に戦争を挑むとか
当時の日本人は一体どうなってたんですかねぇ・・。

展示されていたのは初期の21型を複座に現地改造した
強行偵察タイプで、激戦空域のラバウルで撃墜され
30年間も海中に眠っていたそうです。

私の親戚にも、元ゼロ戦パイロットで
神風特別攻撃隊に配属されたけど出撃の直前に
終戦になって死なずに済んだという凄い人がいたなぁと
思い出しながら見ていたわけです。

sl.jpg
こちらは入口に置いてある蒸気機関車D51でございます。
やっぱりデカいです。
神奈川の生田緑地と埼玉の鉄道博物館にもありましたね。
大宮駅では稼動しているC11も発見したので、
次に狙うなら大井川鉄道の動態保存車でしょう。


さて、どっちがメインだか判らなくなってきましたが
これはゲーム開発のブログなので情報を載せねば・・。

c91.png
このような物を購入いたしました。
そうです、冬コミケットの申込み書であります。
ついに完成となる新作の発表の場を提供してくれる
夢のパスポートなのです。
ですが完全な抽選につき、受かればラッキー
くらいに考えておく方がいいでしょう。
まさに、この回から会場が拡張されるらしく
少しでも当選率が上がればいいのですが・・。

そして、もっと大きな動きがございます。
ついに全イベントCGが完成したのであります。
ん?
シナリオ重視の作品なのに並べて見ると半分以上のCGが
肌色なのは、どういう事でしょうねぇ。
きっと選ばれし者にしか見えない服を着ているのでしょう。
ともかく過去最多枚数、シナリオも過去最長の本作は
これにて予定通りの公開が確実となったわけです。
あとは音声収録というラスボスが控えてますが
指先ひとつでホンワカパッパであります。

pks.jpg
残るはメインビジュアル(パッケージ絵)のみ!
お客様が最も目にする機会の多い絵につき最重要なので
気合を入れて彩色するのです。
posted by 若月せつな at 02:56| Comment(9) | 日記

2016年07月03日

にゃしいって言わない方の睦月

7月3日にコンバンワ、若月せつなでございます。

近年、ガンダムは2種類のパターンで作られる
ようになったと思うのです。
テレビ放送では若い人に向けて新規の世界観で展開し、
古くからのファンには初代と同じ舞台を引き継いで
OVAで販売するという形態です。
私は完全に初代ファンでして、このたび久しぶりに
気になる新作が出たわけです。

『機動戦士ガンダム・サンダーボルト』という
コミック原作の映像化で、なんと劇場版が公開してる
と知って会社の近くの映画館に駆け込んだのであります。
スクリーンでガンダムを観たのは『F91』以来だけど、
やはり自分がメカを操縦してる気分になれる迫力が凄まじい。
ただし今回は、その迫力のせいで鬱になりました・・。
なにしろ戦争としての描写がリアルすぎる!!
いやもう下手なハリウッドの戦争映画より怖いです。
モビルスーツなんか絶対に乗りたくねぇ〜と痛感しました。
ここまでダークなガンダムは珍しいでしょうね。
でも、これこそ私が求めていたガンダムでございます。
最高なのであります。
tb.jpg
原作は連載中なので続編も劇場公開されるのを期待。
ところで予告で流れた艦これ劇場版は、また睦月が
泣いてたんですが今度は誰が轟沈するんですかねぇ。

では次に、今月の幻創映画館でございます。
まだ製作途中だというのに若月氏の頭の中では
公開当日のコミケ会場が映像化されているのであります。

そこで一つ気付いたのですが、エロゲーといえば
ほぼ必ず特典が付いてきますね。
特典の内容によって購入する店舗を決めるほど
重要な判断基準であり、私も昔は複数買いが
当たり前でしたからねぇ。
というわけで当サークルも何か用意できないものか・・?

本物のパンツが付いてきた作品がありましたねぇ。
抱き枕は一万円を超えるのでゲームより高いし、
ポスターやタペストリーは意外と飾れない人が多いのです。
エロゲー特有の謎特典・テレホンカードという文化は
いつまで続くのでしょうか・・。
それ以外では描き下ろしイラスト集、原画集、同人誌、
カレンダー、音楽CD、ドラマCDなどが多いようです。
omake.jpg
私が主に選んでいたのはイラストの冊子と
サウンドトラックでしたね。
ゲームクリア後も手軽に振り返って楽しめる、
もらって嬉しい特典でございます。
これなら当サークルでも無理なく作れるでしょう。

欲しい特典を思い付いた人は参考に致します。
言うだけなら自由ですので1/7フィギュアとか
ネタもアリでございます。
まあ、すべてはゲーム本編が無事に完成したら
の話ではありますが!

というわけで紹介を続けてきたイベントCGも
いよいよ終盤であります。
この調子なら今月中に残りが全て完成しまする。
eye3.jpg
まだまだ登場キャラは残っていますが、
CGに出てくるヒロインは揃いつつあります。
なんかラスボスっぽい子も出てきてますが
一人でダンジョンの奥で待ってるのは寂しいのでしょう。
ぜひ可愛がってあげてください。
posted by 若月せつな at 00:34| Comment(4) | 日記

2016年06月01日

きさま!見ているなッ!

6月1日にコンバンワ、若月せつなでございます。

グレートですよこいつはァ!
というわけで放送中のジョジョ4部が面白すぎて
週で一番の楽しみになりましたとさ。
バトルがメインの3部とは変わって日常の学園モノ!
ギャルゲーなんて無かった時代ですが元祖とも言える
ヤンデレや重箱弁当が登場するのです。
原作コミックは20年以上も昔なのに、やはり
名作は時代を超えても変わらぬ面白さがありますなぁ。
jojo.jpg
今でも持っている1993年の初版。
ドリームキャスト版の格闘ゲームで
ホル・ホースとポルナレフばっか使って
毎日のように友達と対戦してたのは良い思い出。

一方、幻創映画館の新作は・・
ついにゲームのプレイ画面が作られていた!

tuna.jpg
選択肢で気に入った子と会話しよう。
相手もキミのことが気になっていたら
思いきってデートに誘ってみるのもいいぞ。
果たしてクリスマスまでに彼女のハートを
ゲットできるか・・!?

ん? おっと失礼しました、間違えて
二つ先の新作を出してしまいました。
次回はファンタジー作品でしたね。

年内に発表する目標ですが、どうやら
それは確実のようです。
なんと意外なことにイベントCGが
予定の2倍の早さで仕上がっているのです。
でも決して手抜きではございません。
いろいろと機材を整備して最適な環境で
製作できるようになったのと、意欲ですね。

どうしても絵で表現したい重要なシーン
ばかりですから、一枚終わっても休むことなく
早く次が描きたくなるのです。
あとキャラが多いので飽きないのも大きいですね。
というわけで、今回も一部を紹介です。
前回は横長だったので縦長でいきましょう。
evcg2.jpg
またまた新しい子が増えました。
実は、ものすごい悪役が一名まじってたり・・。
中ボス級です。キャラは見かけに寄りませんねぇ。
ラスボスも初めは可愛いのですが最終形態が
絵に出すか迷うレベルなので保留しときましょう。
ベルセルクの蝕に(使徒側で)参加できる勢いです。

次回もまだ新規のキャラが出せそうです。
その頃にはイベント絵の大半が
終わっているでしょうから製作も次の段階ですね。
そう、みんなが気になるキャラボイスでございます。
posted by 若月せつな at 00:12| Comment(10) | 日記