2016年09月01日

ラー・カイラムでアクシズを押すんだよ!

9月1日にコンバンワ、若月せつなでございます。

14年前の第一作からDVDを買い続けている
新海監督ファンの私としては、当然ながら最新作も
公開初日に劇場へ突入してきたわけです。

この監督の作品は個人的に当たり外れが激しいのですが、
今回は見事に大当たり。
『時をかける少女』『サマーウォーズ』に続き、
夏が舞台の青春SFアニメ映画の傑作だと思います。
笑えて泣けて謎解きもあって超美麗映像と、
誰が観ても楽しめる大衆娯楽作品の手本ですね。
ただし人によっては別の意味で泣けます。

自分もこんな青春を送りたかった(´;ω;`)ブワッ

見所の多い作品ですが、とりあえずヒロインが可愛い。
アニメならではの不思議な世界観に没頭できるので、
現実なんてクソゲーだ!という疲れた学生の方々が
最も楽しめる客層かと。
ただし観終わって現実に戻ると余計にキツいという・・。


というわけで急に学園モノが作りたくなった若月氏、
それは次回作までガマンであります。
今回はみんな大好き愛と希望とエロスの冒険
ファンタジー超大作だよ!

ゲーム製作において最も楽しい工程、
それがスクリプト。
プレイ画面という最終形が出来上がっていくのです。

カレーで言えば全ての具材を煮込んでいる状態です。
CG・BGM・効果音・シナリオ等の各種具材を
ルウという演出プログラムで合体させていくのです。
煮えたらそのままでも食べられますが、やはり
ご飯と一緒がいいですね。
そうです、キャラクターボイスです。
ご飯が炊けたと同時に鍋の火を止めて具材をかける、
これがマスターアップというカレーライスなのです。
どちらが遅くても冷めてしまうのでスケジュールは肝心。

そして最も大事なのは、お客様に食べて頂くこと。
幻創映画館は知る人ぞ知る「通」の店でございます。
果たして何人の方に新作をウマい!と言って頂けるか、
それは誰にも解らぬ話。
しかも今回は超激辛なので挑戦者の皆様は
涙を拭くご用意をお忘れなく。

daihon.jpg
ついに始まった音声収録。
順調なら次回は先行して一部を公開できるでしょう。
というわけで今回は台本の写真をお楽しみください。
posted by 若月せつな at 01:32| Comment(6) | 日記

2016年08月01日

敵機直上、急降下!

8月1日にコンバンワ、若月せつなでございます。

今から70年も前に使われた第二次世界大戦の
戦車や飛行機は意外と現在も保管されております。
海外の航空ショーではレストア(修復)された実機が
元気に空を飛ぶ姿を見ることができるのです。

日本も戦う飛行機を数多く作りましたが、中でも
「ゼロ戦」を知っている人は多いことでしょう。
若い人でもゲームや映画でお馴染みの
最も代表的な戦闘機でございます。

登場した時は優れた機動性から世界最強と言われ、
日本を連勝に導きましたが、装甲が薄い弱点と
相手のアメリカが次々と生産する新型機に対抗できず、
戦争末期には自爆突撃に使われた悲劇の飛行機でもあります。

実は、そのゼロ戦が上野という身近な場所の博物館で
展示されていると知って行ってきたわけです。

zero.jpg
間近で本物を見るとですね・・まずデカい!
軽快に空を舞っている映像からは想像もつかないほど、
こんな鉄の塊がなんで浮くのか不思議でなりません。
チョンマゲのサムライが刀を振っていた、その少し後に
コレを1万機も作って世界に戦争を挑むとか
当時の日本人は一体どうなってたんですかねぇ・・。

展示されていたのは初期の21型を複座に現地改造した
強行偵察タイプで、激戦空域のラバウルで撃墜され
30年間も海中に眠っていたそうです。

私の親戚にも、元ゼロ戦パイロットで
神風特別攻撃隊に配属されたけど出撃の直前に
終戦になって死なずに済んだという凄い人がいたなぁと
思い出しながら見ていたわけです。

sl.jpg
こちらは入口に置いてある蒸気機関車D51でございます。
やっぱりデカいです。
神奈川の生田緑地と埼玉の鉄道博物館にもありましたね。
大宮駅では稼動しているC11も発見したので、
次に狙うなら大井川鉄道の動態保存車でしょう。


さて、どっちがメインだか判らなくなってきましたが
これはゲーム開発のブログなので情報を載せねば・・。

c91.png
このような物を購入いたしました。
そうです、冬コミケットの申込み書であります。
ついに完成となる新作の発表の場を提供してくれる
夢のパスポートなのです。
ですが完全な抽選につき、受かればラッキー
くらいに考えておく方がいいでしょう。
まさに、この回から会場が拡張されるらしく
少しでも当選率が上がればいいのですが・・。

そして、もっと大きな動きがございます。
ついに全イベントCGが完成したのであります。
ん?
シナリオ重視の作品なのに並べて見ると半分以上のCGが
肌色なのは、どういう事でしょうねぇ。
きっと選ばれし者にしか見えない服を着ているのでしょう。
ともかく過去最多枚数、シナリオも過去最長の本作は
これにて予定通りの公開が確実となったわけです。
あとは音声収録というラスボスが控えてますが
指先ひとつでホンワカパッパであります。

pks.jpg
残るはメインビジュアル(パッケージ絵)のみ!
お客様が最も目にする機会の多い絵につき最重要なので
気合を入れて彩色するのです。
posted by 若月せつな at 02:56| Comment(9) | 日記

2016年07月03日

にゃしいって言わない方の睦月

7月3日にコンバンワ、若月せつなでございます。

近年、ガンダムは2種類のパターンで作られる
ようになったと思うのです。
テレビ放送では若い人に向けて新規の世界観で展開し、
古くからのファンには初代と同じ舞台を引き継いで
OVAで販売するという形態です。
私は完全に初代ファンでして、このたび久しぶりに
気になる新作が出たわけです。

『機動戦士ガンダム・サンダーボルト』という
コミック原作の映像化で、なんと劇場版が公開してる
と知って会社の近くの映画館に駆け込んだのであります。
スクリーンでガンダムを観たのは『F91』以来だけど、
やはり自分がメカを操縦してる気分になれる迫力が凄まじい。
ただし今回は、その迫力のせいで鬱になりました・・。
なにしろ戦争としての描写がリアルすぎる!!
いやもう下手なハリウッドの戦争映画より怖いです。
モビルスーツなんか絶対に乗りたくねぇ〜と痛感しました。
ここまでダークなガンダムは珍しいでしょうね。
でも、これこそ私が求めていたガンダムでございます。
最高なのであります。
tb.jpg
原作は連載中なので続編も劇場公開されるのを期待。
ところで予告で流れた艦これ劇場版は、また睦月が
泣いてたんですが今度は誰が轟沈するんですかねぇ。

では次に、今月の幻創映画館でございます。
まだ製作途中だというのに若月氏の頭の中では
公開当日のコミケ会場が映像化されているのであります。

そこで一つ気付いたのですが、エロゲーといえば
ほぼ必ず特典が付いてきますね。
特典の内容によって購入する店舗を決めるほど
重要な判断基準であり、私も昔は複数買いが
当たり前でしたからねぇ。
というわけで当サークルも何か用意できないものか・・?

本物のパンツが付いてきた作品がありましたねぇ。
抱き枕は一万円を超えるのでゲームより高いし、
ポスターやタペストリーは意外と飾れない人が多いのです。
エロゲー特有の謎特典・テレホンカードという文化は
いつまで続くのでしょうか・・。
それ以外では描き下ろしイラスト集、原画集、同人誌、
カレンダー、音楽CD、ドラマCDなどが多いようです。
omake.jpg
私が主に選んでいたのはイラストの冊子と
サウンドトラックでしたね。
ゲームクリア後も手軽に振り返って楽しめる、
もらって嬉しい特典でございます。
これなら当サークルでも無理なく作れるでしょう。

欲しい特典を思い付いた人は参考に致します。
言うだけなら自由ですので1/7フィギュアとか
ネタもアリでございます。
まあ、すべてはゲーム本編が無事に完成したら
の話ではありますが!

というわけで紹介を続けてきたイベントCGも
いよいよ終盤であります。
この調子なら今月中に残りが全て完成しまする。
eye3.jpg
まだまだ登場キャラは残っていますが、
CGに出てくるヒロインは揃いつつあります。
なんかラスボスっぽい子も出てきてますが
一人でダンジョンの奥で待ってるのは寂しいのでしょう。
ぜひ可愛がってあげてください。
posted by 若月せつな at 00:34| Comment(4) | 日記

2016年06月01日

きさま!見ているなッ!

6月1日にコンバンワ、若月せつなでございます。

グレートですよこいつはァ!
というわけで放送中のジョジョ4部が面白すぎて
週で一番の楽しみになりましたとさ。
バトルがメインの3部とは変わって日常の学園モノ!
ギャルゲーなんて無かった時代ですが元祖とも言える
ヤンデレや重箱弁当が登場するのです。
原作コミックは20年以上も昔なのに、やはり
名作は時代を超えても変わらぬ面白さがありますなぁ。
jojo.jpg
今でも持っている1993年の初版。
ドリームキャスト版の格闘ゲームで
ホル・ホースとポルナレフばっか使って
毎日のように友達と対戦してたのは良い思い出。

一方、幻創映画館の新作は・・
ついにゲームのプレイ画面が作られていた!

tuna.jpg
選択肢で気に入った子と会話しよう。
相手もキミのことが気になっていたら
思いきってデートに誘ってみるのもいいぞ。
果たしてクリスマスまでに彼女のハートを
ゲットできるか・・!?

ん? おっと失礼しました、間違えて
二つ先の新作を出してしまいました。
次回はファンタジー作品でしたね。

年内に発表する目標ですが、どうやら
それは確実のようです。
なんと意外なことにイベントCGが
予定の2倍の早さで仕上がっているのです。
でも決して手抜きではございません。
いろいろと機材を整備して最適な環境で
製作できるようになったのと、意欲ですね。

どうしても絵で表現したい重要なシーン
ばかりですから、一枚終わっても休むことなく
早く次が描きたくなるのです。
あとキャラが多いので飽きないのも大きいですね。
というわけで、今回も一部を紹介です。
前回は横長だったので縦長でいきましょう。
evcg2.jpg
またまた新しい子が増えました。
実は、ものすごい悪役が一名まじってたり・・。
中ボス級です。キャラは見かけに寄りませんねぇ。
ラスボスも初めは可愛いのですが最終形態が
絵に出すか迷うレベルなので保留しときましょう。
ベルセルクの蝕に(使徒側で)参加できる勢いです。

次回もまだ新規のキャラが出せそうです。
その頃にはイベント絵の大半が
終わっているでしょうから製作も次の段階ですね。
そう、みんなが気になるキャラボイスでございます。
posted by 若月せつな at 00:12| Comment(10) | 日記

2016年05月01日

恐怖!機動ビッグ・サイト

5月1日にコンバンワ、若月せつなでございます。

毎年、この時期に東京湾の逆三角形で開催される
コミケの小さい版と萌えゲー企業合同のイベントに
仕事で行ってきたのです。
panel.jpg
祭りの会場は良いものです。
普段は会社から出ることなく、ひたすらゲームを作るだけの
スタッフにとってお客様が次々と万札を渡してくる光景は、
良い商品を作るべしと気合が入ります。
また、収録を担当してスタジオでも行かなければ
なかなかお目にかかれないエロゲー声優様が最近は会場で
歌やトークを披露する貴重な場でもあり、
原画氏から直でサイン入りキャラ色紙をもらえたり
メーカーのファンにとっては嬉しい空間です。
key.jpg
ただの客だった頃の私も必死に並んで買いに行きましたが、
そのメーカー様たちも今は仕事のライバルであり仲間。
当時もらった夢を今度は私がお客様たちに分けるため、
これからもエロゲーを作り続けるのであります。
bigs.jpg
そして9ヵ月後には、この場所で今度は
ついに私のサークル最新作が公開・・できればいいなぁ。
もし完成しても、こっちは当落という第二の戦いに
勝利せねばなりません。
なぁに、東京湾に住む当選の女神が受からせたくなるほど
良い作品に仕上げればいいのです!

そんなわけで、今月は予定よりも多くのイベント絵を
仕上げるという好調なスタートであります。
ま、絵が微妙だから早いんですがね。ハッハッハ!
下手なりに利点はあるものです。
シナリオと声とBGMでカバーするので気にせず
どんどん描くとしましょう。

うーん・・描いてみて思ったんですが基本的に
イベント絵は重要なシーンにしか入れてないので、
どこを出してもネタバレになるという危険が・・。
ニッコリ笑っていても体はアバババな状態だったり、
どうしようもありませぬ。
まだ先は長いので、あくまで雰囲気ってことで。
evcg.jpg
いっぱい出てくるようです。
おねーさんもいるようです。
ちっこいのもいるようです。

次は試作のゲーム画面でも載せましょうかねぇ。
posted by 若月せつな at 23:23| Comment(6) | 日記

2016年04月02日

嘘が下手だな、バーニィ

4月2日にコンバンワ、若月せつなでございます。

昨日だとエイプリルなんとかで嘘記事と思われそうなので
1日ずらしました。

ところで、嘘というのは一般的に悪いイメージですが、
時には騙されたことで幸せになる場合もありますね。
そんなわけで嘘がテーマになっている作品として
「ライフイズビューティフル」という映画が世界的に有名です。
「聖なる嘘つき」という似た作品がありますが、
こちらの方がオススメでございます。

逆に、ことごとく嘘が失敗した作品としては
「ポケットの中の戦争」のバーナード・ワイズマン氏が
最強だと思います。
あと一機でエースだと嘘をついてアルが警察に行く、
シドニーは雪だと嘘をついてガンダム破壊作戦が失敗、
ケンプファが勝ったと嘘をついて隊長にバレる、という有様。
彼は最後のセリフまでもが嘘だったわけですが、
「戦争が終わったら必ず会いに帰ってくる」という
死んでから交わした約束が最もアル少年には響いたでしょうね。
で、いつになったらブルーレイ版が出るんですかね。

さて今回も製作の状況を。
実に8カ月振りにキャラ絵を描きましたが、
あんまり変わってなかったです。
要するに、いつもと同じですね。
しかし今回は服装が特殊なのでデザインに苦戦です。
サブキャラが多いので描き分けも苦戦です。
珍しく年上キャラも複数いるので苦戦です。
でも、やっぱり描くのは楽しいですなぁ。

bst.jpg
立ち絵でございます。
昔のサウンドノベルみたいですね。
今はシルエットだけの出し惜しみであります。

melt.jpg 
サブヒロインのM子さん。
巨乳なのにエロスなシーンが無いという残念仕様。
しかし、そんな事がどうでもよくなるくらい活躍してくれます。

これから半年くらいかけてイベント絵を描きます。
過去最大枚数でお送りしますので気長にお待ち下さいませ。
posted by 若月せつな at 23:44| Comment(8) | 日記

2016年03月01日

まっくらクライクライ

3月1日にコンバンワ、若月せつなでございます。

え、このサークルは製作が進んでいるのかって?
白鳥は優雅に池を泳ぐと見せかけて実は
水面下で忙しく足をバタバタしていますね。
あれと同じでございます。

というわけで今回は久々に大きな製作報告です。

シナリオが完成しました。

大きいのは文字のサイズじゃねーか。
いいえ、ちゃんと内容もビッグです。
手に汗を握る! 謎が謎を呼ぶ!
予想不可能な結末! まさかヤツが!
どうなる地球! 残された人類の運命は!
・・という内容かは別にして、物語の規模としては
たぶん過去最大級だと思います。

名前が決まってるキャラだけで20人は登場しますが、
やはり基本は主人公とヒロインの2人!
これは変わりません。そうです、愛なのです。

今までは2人の運命がどうなるかがメインで、
通行人から見たらアイツら何してんの的な話ですが、
今回は割と背負ってる系の男でございます。
でも普段は、おやつを食べてベッドでゴロゴロ。
剣も持たない冒険者がどう勝つんですかねぇ。

というわけで、時間をかけた分の読み応えは
十分あると思いまする。
12月に書き終えると言っていた気がするが、
別にそんな事はなかったぜ!

今日から絵を描きます。
もう完全に描き方を忘れております。
宇宙人みたいなヒロインが登場したらスンマセン。
え、いつもの事? それもそうか。

memo.jpg
最初に書いたプロットは今から11年前の
ルーズリーフ。今では考えられない、紙に手書き!
時代を感じさせます。
この膨大なメモが、当時からの変わらぬ
熱意を伝えてきます。
posted by 若月せつな at 03:57| Comment(14) | 日記

2016年02月01日

The Last Crusade

2月1日にコンバンワ、若月せつなでございます。

いろんなお店が特設コーナーでチョコレートを
置くようになりました。
そうです、2月14日といえばアレの日です。

ドイツ戦艦ビスマルクの進水式が行われた日ですね。

総統閣下も出席した式典の模様は映像に残されており、
映画『ビスマルク号を撃沈せよ』の冒頭で見ることができます。
建造当時、世界最強と言われ美しいデザインは今なお
多くのファンを魅了し続けているのです。
初陣でイギリス海軍の象徴だった戦艦フッドを一撃で轟沈する
大戦果を挙げたものの、執拗な反撃によって行動不能となり
自沈するという壮絶な戦歴を残すことになったわけです。
BISMARCK.jpg

え、そうじゃないって?
わかりました、話を戻しましょう。
バレンタインはヴィッカース社で開発され
北アフリカ戦線で運用された歩兵戦車ですね。
tank.jpg

え、これも違う?
わかりました、日本の場合ですね。

nana.jpg
「あの・・よかったら、これ・・」

はい、もういいですね。
ところで、日常系アニメで高確率で出現する
バレンタイン回は一日中学園が大騒ぎになる場合が
多いのですが、自分の記憶を思い出してみると
持ち込み禁止でもないのに校内でチョコの受け渡しという
文化は無かった気がします。
やはり恥ずかしいのか、個別に会って渡すのが
主流だったように思います。最近はどうなのでしょうか。

cho.jpg
こちらは大手スーパー西友と系列のリヴィンで
輸入販売されているASDAというドイツ産の
ミルクショコラーデでございます。
いくつか種類がありますが、おすすめは
レーズンとホールナッツがたっぷり入ったタイプ。
日本のチョコとは違う濃厚な味わいが特徴です。
値段もお手頃ですので、どうせ待ってても来ないゼ!
という日本男児の方はぜひこの機会にお試し下さい。

↓画像をクリックすると幻創ヒロインたちが
バレンタインデーに向けて頑張るようです。
show.jpg
posted by 若月せつな at 02:17| Comment(12) | 日記

2016年01月01日

トラ・トラ・トラや!

2016年1月1日にコンバンワ、若月せつなでございます。

もう〜いくつ寝ると〜冬コミケ〜
A:364回

というわけでメリーニューイヤー。
1月1日といえばルフトヴァッフェが最後の攻勢
ボーデンプラッテ作戦を実施した日ですね!
という誰にも解らない歴史ネタは置いておくとして、
当サークル的には新作発表の年なのであります(予定)。
アナベル・ガトー氏に比べたら2年も早いですね!

クリスマスがテーマのギャルゲーは山ほどあるのに、
なぜ正月ゲーは無いのでしょうか?
和服姿で髪を結ったヒロインのうなじをアップ構図
で見せる初詣イベントCGを実装したのは
プレステのイリスという作品しか知りませぬ。

さて、今年も無事に元日更新が完了したので
製作に戻るとしましょう。
作者は日記ではなく作品で語るべし。

画像をクリックすると幻創ヒロインたちが
新春トークを始めるようです。
show.jpg
posted by 若月せつな at 00:06| Comment(11) | 日記

2015年12月13日

そんな日のこと

12月13日にコンバンワ、若月せつなでございます。

ありが〜とう〜言わな〜いよ〜ずっと〜しまって〜おく〜

え、今月で今年は終わるんですか? そうですか。
というわけで2015年最後の記事。

まずは応援して下さった方々に感謝です。
作者の趣味丸出しで読む人を選ぶ作品ばかりですが、
よくぞ耐えて下さいました。

青瞬館作品は中学生の方からアンケートが来る場合もありまして、
価値観や考え方の異なる世代の視点から見ても
作品を楽しんで頂けたというのは嬉しくも意外です。

第二次大戦中に書かれた人気作『フランス組曲』の作者は、
「1952年の読者も2052年の読者も同じように
引きつけることのできる出来事や争点を盛り込むべき」
という言葉を残したそうですが、大いに共感できます。
なお、この作品は1月上旬に日本でも映画版が公開されるので
さっそく劇場に突入して参ります。

ゲームもアニメもマンガも、面白い作品は
いつ誰が見ても面白いし年代も関係ない。
そういう製作を志したくなりますねぇ。

で、ここまで言っておいて若月氏の次回作は
まったく万人向けではござりませぬ。
エグい描写を書いてて自分で欝ったりしてるので、
果たして何人が完読できるやら・・。
でも、ありきたりとか王道と言われるよりは
尖っている方が好みな困った若月氏なのであります。

およそ6割ほど書き終えており、いよいよ
盛り上がってきたところですね。
例えるなら、空に浮かぶ島が見えたので海賊のバアさんと
飛空挺で嵐の中に突っ込む感じです。

今回はできるだけオリジナル世界を展開したいので、
あまり似てる作品は思いつかないのですが、
イメージだけでも近いゲームを・・。

こちらは今から15年も前のエロゲー。
シナリオの完成度が高く欝ゲー史に残る傑作ですが、
知ってる人いますかねぇ。

こちらは13年前のエロゲー。
さらに知名度は低いですが、歴史マニアの作者が
徹底的に構築した世界観は衝撃で、製作の精神を学びました。
BGMに多数の賛美歌を使うとか今じゃ考えられません。
このOPムービーは今のエロゲでも十分に通用すると思います。

そんなわけで、あと365日後くらいに発表できるでしょう。
わぁい、もうすぐだぞー。
posted by 若月せつな at 07:19| Comment(6) | 日記